花子とアン第97話のネタバレあらすじ!事件の波紋

こちらでは、朝ドラ「花子とアン」17週目第97話のあらすじのネタバレや、花子とアンと原作の比較、感想をまとめています。

花子とアンの第96話「絶縁状」では、蓮子が伝助へ宛てて書いた絶縁状が、なぜか新聞に掲載されるストーリーでした。

花子とアンの第97話「事件の波紋」では、絶縁状が新聞に掲載されると蓮子と近しい人たちに取材が殺到し、困惑するストーリーとなっています。

朝ドラ『花子とアン』
2014年7月21日(月)放送
第20週サブタイトル『腹心の友ふたたび』

花子とアンの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「花子とアン」を見逃した方は、「花子とアン(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)
スポンサーリンク

朝ドラ『花子とアン』第97話のネタバレあらすじ

ここからは、7月21日に放送された朝ドラ「花子とアン」第97話のあらすじをまとめたネタバレです。

花子とアン97話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

NHKの朝の連続ドラマで最高視聴率を記録したこのドラマは、女性同士の嫉妬と友情を見事に映像化した作品である。

物語の山場となるのが第97話で、花子と彼女を毛嫌いしていたアンの和解であると言えるだろう。

もともとこの二人は生れた日から病院まで一緒という運命共同体であった。

親同士も仲が良く、本当の姉妹のように暮らしていたのだ。

ある出来事をきっかけにしてその関係はすべて壊れてしまった。

それはアンの家である田中呉服店の倒産という出来事だ。

この倒産のきっかけとなったのが花子の家、小笠原家の事業買収だった。

アンは心の底から花子と小笠原一族を恨んでしまい、二人の関係も修復不可能と思われたものだ。

ところが第97話で関東大震災が発生し、このことから二人が再び同じ人生を歩むことになる。

どちらも肉親をなくし、着の身着のままで崩壊した東京をさまよいながら、亡くなった家族の分まで一生懸命に生きようと誓い合うのであった。

ここまでが、7月21日に放送された朝ドラ「花子とアン」第97話のあらすじのネタバレです。

花子とアン第98話のあらすじを知りたい方は、第98話『蓮子の所在』へ読み進めてください。

朝ドラ「花子とアン」第97話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「花子とアン」第97話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

花子とアン97話の感想

放送終了次第、すぐに感想をまとめますので、しばらくお待ちください!

以上が、朝ドラ「花子とアン」第17週目第97話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。