花子とアン第96話のネタバレあらすじ!絶縁状

こちらでは、朝ドラ「花子とアン」16週目第96話のあらすじのネタバレや、花子とアンと原作の比較、感想をまとめています。

花子とアンの第95話「駆け落ち」では、花子の子供を見るとウソをついて、蓮子が龍一と駆け落ちをするストーリーでした。

花子とアンの第96話「絶縁状」では、蓮子が伝助へ宛てて書いた絶縁状が、なぜか新聞に掲載されるストーリーとなっています。

朝ドラ『花子とアン』
2014年7月19日(土)放送
第16週サブタイトル『あなたがいる限り』

花子とアンの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「花子とアン」を見逃した方は、「花子とアン(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『花子とアン』第96話のネタバレあらすじ

ここからは、7月19日に放送された朝ドラ「花子とアン」第96話のあらすじをまとめたネタバレです。

花子とアン96話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

  • いなくなった蓮子を探しに、伝助が村岡家に上がり込む
  • 前日にカフェで蓮子と龍一が会っていた聞き、行方が心配になる
  • 龍一の下宿に身を寄せた蓮子
  • 夫に絶縁状を書き、投函を龍一に託す
  • 新聞に絶縁状が掲載される

夫も友も裏切り、愛する人の元へ走った嘉納蓮子(仲間由紀恵)

翌朝、東京に来ているのに、何の連絡も寄こして来ない蓮子を心配する村岡花子(吉高由里子)

すると、嘉納伝助(吉田鋼太郎)が現れ、いきなり村岡家に上がり込み、蓮子は来ていないかと探し始めた。

 

ここにはいないという花子の声も聞かず、大声で蓮子の名を呼び、探し回る伝助を村岡英治(鈴木亮平)が怒鳴りつけ、やっと正気に戻った伝助。

蓮子が宿に置いて行った出産祝いの品を渡すと、みっともない姿を見せしまった土下座し、去って行った。

 

何が起きているのかわからず、心配な花子は、かよに相談するためカフェに行く。

安東かよ(黒木華)は、前日に蓮子と龍一がただならぬ雰囲気だったと聞き、蓮子の行方が気になるが、かよも龍一の家を知らないという。

 

その頃、蓮子は龍一の下宿に身を寄せていた。

駆け落ちはひとまず成功したが、蓮子が何もない自分を選んだことが信じられず、伝助のもとへ戻るのではとしきりに不安がる宮本龍一(中島歩)

 

蓮子はそんな龍一の前で、筆をとり伝助に絶縁状を書き始める。

そして、その絶縁状の投函を龍一に託した。

 

数日後の早朝、醍醐亜矢子(高梨臨)が村岡家に駆け込んできた。

醍醐は新聞を差し出し、それを見た花子と英治は驚く。

なんと新聞に、蓮子が伝助に宛てた絶縁状が掲載されていたのだ。

 

福岡の嘉納邸にも、黒沢がやってきて新聞記事を伝助に知らせる。

そこには、この十年間、愛のない結婚生活に絶望していたこと、愛する人と巡り合ったこと、そして別れの言葉が書かれていた。

伝助は怒りに震え、蓮子の部屋を滅茶苦茶にしながら泣き叫んだ。

 

そんな騒ぎになっているとも知らず、蓮子は幸せな気持ちで一人、下宿で龍一の帰りを持つのだった。

 

ここまでが、7月19日に放送された朝ドラ「花子とアン」第96話のあらすじのネタバレです。

花子とアン第97話のあらすじを知りたい方は、第97話『事件の波紋』へ読み進めてください。

朝ドラ「花子とアン」第96話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「花子とアン」第96話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

花子とアン96話の感想

放送終了次第、すぐに感想をまとめますので、しばらくお待ちください!

以上が、朝ドラ「花子とアン」第16週目第96話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。