花子とアン第96話のネタバレあらすじ!絶縁状

こちらでは、朝ドラ「花子とアン」16週目第96話のあらすじのネタバレや、花子とアンと原作の比較、感想をまとめています。

花子とアンの第95話「駆け落ち」では、花子の子供を見るとウソをついて、蓮子が龍一と駆け落ちをするストーリーでした。

花子とアンの第96話「絶縁状」では、蓮子が伝助へ宛てて書いた絶縁状が、なぜか新聞に掲載されるストーリーとなっています。

朝ドラ『花子とアン』
2014年7月19日(土)放送
第16週サブタイトル『あなたがいる限り』

花子とアンの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「花子とアン」を見逃した方は、「花子とアン(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)
スポンサーリンク

朝ドラ『花子とアン』第96話のネタバレあらすじ

ここからは、7月19日に放送された朝ドラ「花子とアン」第96話のあらすじをまとめたネタバレです。

花子とアン96話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

花子は蓮子が来るのを待ち続けていたがその思いは叶わず、とうとう彼女のもとに来ることのないまま日々が過ぎていったのだった。

そのような花子のところにある朝不意に訪れた人がいたが、それが蓮子の夫である伝助である。

突然現れたために驚く花子を後目に、「蓮子はきちょらんかね」と言い、勝手に家に上がり込んで来るのであった。

家の中にいないと知っている花子は伝助を止めようとするが、我を忘れているため行動が止まらない。

ようやく英治が止めに入り、落ち着きを取り戻すのだった。

そして妻へのお祝いを渡すと、あきらめた様子でようやく帰って行ったのである。

翌日に花子がかよに相談すると、蓮子がかよのところに来ていたということが分かったのだった。

蓮子は龍一の下宿で一晩を過ごし、夫に向けて絶縁状を書くことに。

その後新聞に彼女が書いた絶縁状のことが掲載され、皆がそのことを知ることになるのだった。

伝助も知ることとなり、妻の部屋を荒らしてめちゃくちゃにする。

ここまでが、7月19日に放送された朝ドラ「花子とアン」第96話のあらすじのネタバレです。

花子とアン第97話のあらすじを知りたい方は、第97話『事件の波紋』へ読み進めてください。

朝ドラ「花子とアン」第96話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「花子とアン」第96話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

花子とアン96話の感想

放送終了次第、すぐに感想をまとめますので、しばらくお待ちください!

以上が、朝ドラ「花子とアン」第16週目第96話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。