花子とアン第95話のネタバレあらすじ!駆け落ち

こちらでは、朝ドラ「花子とアン」16週目第95話のあらすじのネタバレや、花子とアンと原作の比較、感想をまとめています。

花子とアンの第94話「歩の誕生」では、息子の歩が誕生し、家族や女学校時代の先生たちがお祝いに駆けつけるストーリーでした。

花子とアンの第95話「駆け落ち」では、花子の子供を見るとウソをついて、蓮子が龍一と駆け落ちをするストーリーとなっています。

朝ドラ『花子とアン』
2014年7月18日(金)放送
第20週サブタイトル『あなたがいる限り』

花子とアンの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「花子とアン」を見逃した方は、「花子とアン(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)
スポンサーリンク

朝ドラ『花子とアン』第95話のネタバレあらすじ

ここからは、7月18日に放送された朝ドラ「花子とアン」第95話のあらすじをまとめたネタバレです。

花子とアン95話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

葉山蓮子が宮本龍一と駆け落ちする回です。

柳原白蓮と弁護士だった宮崎龍介が駆け落ちして、当時の新聞を賑わせた「白蓮事件」という実在の事件がモデルになっているようです。
九州の炭坑王である嘉納伝助のもとに嫁いだものの、教養がない炭坑王と歌人として活躍している蓮子はすれ違いばかり起こします。

蓮子にとって愛がない生活であり、牢獄同然の場所でした。
そんな折、女学校時代の親友である花子が出産したため、伝助が東京に行くついでに花子たちに会いに行くと嘘をついて、伝助の不在を見計らって龍一と駆け落ちを決めます。
駆け落ちのことを全く知らなかった花子は、なかなか蓮子が自分の元に来ないことを不思議に思い、九州の嘉納家に電話を入れます。
嘉納家の女中は花子に会いに行くのは嘘だと勘づき、東京に電話を入れようとするものの、間に合いません。
蓮子は「あなた、ありがとうございました。」という言葉を伝助に残し、龍一との駆け落ちを成功させます。

ここまでが、7月18日に放送された朝ドラ「花子とアン」第95話のあらすじのネタバレです。

花子とアン第96話のあらすじを知りたい方は、第96話『絶縁状』へ読み進めてください。

朝ドラ「花子とアン」第95話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「花子とアン」第95話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

花子とアン95話の感想

放送終了次第、すぐに感想をまとめますので、しばらくお待ちください!

以上が、朝ドラ「花子とアン」第16週目第95話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。