花子とアン第94話のネタバレあらすじ!歩の誕生

こちらでは、朝ドラ「花子とアン」16週目第94話のあらすじのネタバレや、花子とアンと原作の比較、感想をまとめています。

花子とアンの第93話「逃げる準備」では、龍一が福岡の蓮子を訪ねて、一緒になる約束をし、逃げる準備を計画するストーリーでした。

花子とアンの第94話「歩の誕生」では、息子の歩が誕生し、家族や女学校時代の先生たちがお祝いに駆けつけるストーリーとなっています。

朝ドラ『花子とアン』
2014年7月17日(木)放送
第19週サブタイトル『あなたがいる限り』

花子とアンの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「花子とアン」を見逃した方は、「花子とアン(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)
スポンサーリンク

朝ドラ『花子とアン』第94話のネタバレあらすじ

ここからは、7月17日に放送された朝ドラ「花子とアン」第94話のあらすじをまとめたネタバレです。

花子とアン94話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

蓮子と龍一が新たな人生を歩み出そうと決意をする中、花子もまた人生の岐路に立っていた。

身ごもっていた第一子歩を無事に出産したのだ。

とても可愛らしい男の子の孫を見るため、知らせを聞いたふじと吉平も甲府から帰ってきた。

みんなでねぎらい、名前を発表したりと暖かい空気が流れた。
村岡家でもたくさんの人が出産を祝い訪れる。憲兵として東京で働いている吉太郎もその1人である。

立派になった吉太郎を見て、皆喜んでいた。

さらに、ブラックバーン先生までも訪れて、いつもの厳しい態度からは想像もつかないほどの優しい表情を見せたことで花子もほっとする。
次の日に吉平とふじがカフェドミンゴにいると、郁弥がやって来る。

そこで郁弥は、驚くべき言葉を発したのであった。自分も兄貴みたいに甲府で結婚式を挙げたいと考えているという決意だ。

相手は誰かと聞かれて、郁弥はある人の顔を見つめる。

かよがお嫁さんかと皆は大いに驚き、面食らってしまった。

ここまでが、7月17日に放送された朝ドラ「花子とアン」第94話のあらすじのネタバレです。

花子とアン第95話のあらすじを知りたい方は、第95話『駆け落ち』へ読み進めてください。

朝ドラ「花子とアン」第94話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「花子とアン」第94話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

花子とアン94話の感想

放送終了次第、すぐに感想をまとめますので、しばらくお待ちください!

以上が、朝ドラ「花子とアン」第16週目第94話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。