花子とアン第93話のネタバレあらすじ!逃げる準備

こちらでは、朝ドラ「花子とアン」16週目第93話のあらすじのネタバレや、花子とアンと原作の比較、感想をまとめています。

花子とアンの第92話「はなの結婚式」では、はなと英治の結婚式が甲府で執り行われるストーリーでした。

花子とアンの第93話「逃げる準備」では、龍一が福岡の蓮子を訪ねて、一緒になる約束をし、逃げる準備を計画するストーリーとなっています。

朝ドラ『花子とアン』
2014年7月16日(水)放送
第16週サブタイトル『あなたがいる限り』

花子とアンの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「花子とアン」を見逃した方は、「花子とアン(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『花子とアン』第93話のネタバレあらすじ

ここからは、7月16日に放送された朝ドラ「花子とアン」第93話のあらすじをまとめたネタバレです。

花子とアン93話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

甲府で祝言をあげ、一年半が経過した対象10年の夏、両人は住宅街に家を建てて生活を営んでいた。

水遊びをする子供たちの声や、蝉の声が鳴り響く中、家から出てきた花子はお腹にいる赤ちゃんに語り掛ける中、村岡英治は自宅の表札の掃除をする中、二人の名前が入った表札に笑顔を見せているのである。

身重の花子に代わって英治が家事を行っている間に縁側で両親からの手紙を読んだ。

その手紙にはこれから生まれてくる赤ちゃんの名前をいくつも候補を書き込んでいて、孫の名前を決めたいようだ。

手紙は英治に見せてみると女の子の名前だけが記されていることに対し、笑いながら花子と会話をしていた。

会社を継がせるために男の子の方が良いと考える平祐に対し、どちらでも良いと夫婦の睦ましい仲の良さを見せつけた。

花子の翻訳の仕事を継続しつつ出産を待つ毎日ですが、龍一と蓮子が出会う場面があり、お互いの本当の気持ちを交わしながらその後の駆け落ちを切望するようになったのである。

ここまでが、7月16日に放送された朝ドラ「花子とアン」第93話のあらすじのネタバレです。

花子とアン第94話のあらすじを知りたい方は、第94話『歩の誕生』へ読み進めてください。

朝ドラ「花子とアン」第93話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「花子とアン」第93話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

花子とアン93話の感想

放送終了次第、すぐに感想をまとめますので、しばらくお待ちください!

以上が、朝ドラ「花子とアン」第16週目第93話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。