花子とアン第92話のネタバレあらすじ!はなの結婚式

こちらでは、朝ドラ「花子とアン」16週目第92話のあらすじのネタバレや、花子とアンと原作の比較、感想をまとめています。

花子とアンの第91話「会わせたい人」では、はなが甲府の実家に帰省し、英治との結婚を認めてもらいたいとお願いするストーリーでした。

花子とアンの第92話「はなの結婚式」では、はなと英治の結婚式が甲府で執り行われるストーリーとなっています。

朝ドラ『花子とアン』
2014年7月15日(火)放送
第19週サブタイトル『あなたがいる限り』

花子とアンの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「花子とアン」を見逃した方は、「花子とアン(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)
スポンサーリンク

朝ドラ『花子とアン』第92話のネタバレあらすじ

ここからは、7月15日に放送された朝ドラ「花子とアン」第92話のあらすじをまとめたネタバレです。

花子とアン92話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

茨城から上京した花子は、さっそく幼馴染のアンと一緒に喫茶店を開業する準備に取り掛かるのであった。

二人が学生の頃、銀座で初めて体験した喫茶店の経験は二人がこれからも共に歩むことを示唆する出来事であったのだ。

エメラルド色に輝くソーダ水に甘くてふわふわした口どけのシュークリーンなど、二人の店にたくさんメニューが用意されることだろう。

花子は父親の匠から託された開業資金20万円を大切にかけて、有楽町停車場を軽快に飛び下りた。

以前に来た時よりもさらに人通りが多くなり、まさに大都会といった風景であった。

ここから二人の第二の人生がスタートするのだ。

アンが暮らしている白金を目指してあるく花子であったが、その時後ろから大きな物音がすることに気づいた。

そこには身の丈三尺ほどのガス灯があり、その工事をしていたのが陣内である。

すぐには気付かなかったが、彼の存在こそが以前アンたちをこの東京にこだわらせていた存在なのだ。

ここまでが、7月15日に放送された朝ドラ「花子とアン」第92話のあらすじのネタバレです。

花子とアン第93話のあらすじを知りたい方は、第93話『逃げる準備』へ読み進めてください。

朝ドラ「花子とアン」第92話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「花子とアン」第92話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

花子とアン92話の感想

放送終了次第、すぐに感想をまとめますので、しばらくお待ちください!

以上が、朝ドラ「花子とアン」第16週目第92話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。