花子とアン第98話のネタバレあらすじ!蓮子の所在

こちらでは、朝ドラ「花子とアン」17週目第98話のあらすじのネタバレや、花子とアンと原作の比較、感想をまとめています。

花子とアンの第97話「事件の波紋」では、絶縁状が新聞に掲載されると蓮子と近しい人たちに取材が殺到し、困惑するストーリーでした。

花子とアンの第98話「蓮子の所在」では、居場所を知らないといっていた吉太郎が、村岡家の玄関戸に蓮子の住所を記した紙を置いていくストーリーとなっています。

朝ドラ『花子とアン』
2014年7月22日(火)放送
第17週サブタイトル『腹心の友ふたたび』

花子とアンの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「花子とアン」を見逃した方は、「花子とアン(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『花子とアン』第98話のネタバレあらすじ

ここからは、7月22日に放送された朝ドラ「花子とアン」第98話のあらすじをまとめたネタバレです。

花子とアン98話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

  • 反撃のため、新聞記者を呼んで、反論文を書かせる伝助
  • 黒沢が反論文を公開することを止めるが、新聞に出てしまう
  • 蓮子に利用された花子だが、醍醐と蓮子の身を案じる
  • 吉太郎が、何かのメモを花子の家の玄関に挟んで行く
  • 英治が発見した吉太郎のメモに、蓮子の居場所が書かれていた

 

蓮子の絶縁状に反撃しようと東西日報の下山を自宅に呼び、反論文を代筆させる。

しかし、後からやってきた黒沢に、自らを貶めるような反論文の公開などすべきではないと説得され、新聞掲載をやめると言い出す嘉納伝助(吉田鋼太郎)

 

しかし、翌朝の新聞に伝助の反論文が載り、宮本龍一(中島歩)は怒りに震えていた。

一方で当の本人である嘉納蓮子(仲間由紀恵)は動じることなく冷静だった。

全て覚悟の上であり、世間にどう思われようとどうでもいいという蓮子。

 

村岡家では、醍醐亜矢子(高梨臨)が蓮子のことを誤解していたと花子に話していた。

豊かな暮らしのために石炭王と結婚したのではなく、家の犠牲になったことを同情する。

 

そこに、兄の吉太郎が記者に追い回される村岡花子(吉高由里子)を心配して来てくれた。

世間を揺るがす駆け落ちまでして、今幸せなのだろうかとつぶやく醍醐。

花子は、蓮子が以前、一度でいいから本気で誰かを本気で愛したいと言っていたことを話す。

駆け落ちに利用された花子だが、女学校時代の仲間として、醍醐と共に蓮子の行方を案じていていた。

 

そんな二人の会話を聞いていた安東吉太郎(賀来賢人)は、何かのメモ用紙を玄関戸の隙間に挟み、村岡家を立ち去った。

 

福岡の嘉納邸では、黒沢が新聞社のやり方に幻滅し、退職したことを伝助に報告していた。

そして、反論文の掲載を止められなかったことを詫びる。

 

そこへ、蓮子の兄・晶貴が来たことを山元タミ(筒井真理子)が知らせにきた。

部屋に通された葉山晶貴(飯田基祐)は、伝助の前で土下座する。

伝助から多額の金銭援助を受けていた晶貴は、妹の騒動を必死で詫びるのだった。

 

村岡家では、帰宅した村岡英治(鈴木亮平)が吉太郎のメモに気づく。

そこには、蓮子の居場所と思われる住所が書かれていたのだった。

 

ここまでが、7月22日に放送された朝ドラ「花子とアン」第98話のあらすじのネタバレです。

花子とアン第99話のあらすじを知りたい方は、第99話『腹心の友復活!』へ読み進めてください。

朝ドラ「花子とアン」第98話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「花子とアン」第98話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

花子とアン98話の感想

放送終了次第、すぐに感想をまとめますので、しばらくお待ちください!

以上が、朝ドラ「花子とアン」第17週目第98話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。