エール第33話のネタバレあらすじ!はじめての夫婦喧嘩

こちらでは、朝ドラ「エール」7週目第33話のあらすじのネタバレと感想をまとめています。

エールの第32話「契約金は前払い金!?」では、音がついに音楽学校に入学し、学生生活がスタートするストーリーでした。

エールの第33話「はじめての夫婦喧嘩」では、裕一と音が誤解から初めて夫婦喧嘩をするストーリーとなっています。

朝ドラ『エール』
2020年5月13日(水)放送
第7週サブタイトル『夢の新婚生活』

エールの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「エール」を見逃した方は、「エール(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)

朝ドラ『エール』第33話のネタバレあらすじ

ここからは、5月13日に放送された朝ドラ「エール」第33話のあらすじをまとめたネタバレです。

エール33話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

  • 木枯の曲が採用される
  • 木枯に連れられて初めてカフェにいく裕一
  • 大衆を求める歌を作るには大衆を知らなければいけないと訴える木枯
  • 木枯のメロディーに心打つ裕一
  • 服についた口紅の跡を発見して女を疑う音
  • 音の誤解を解こうとするが逆切れして喧嘩する二人
  • 朝食時に音に意地悪をされた腹いせに音の嫌いな納豆を買って食べる裕一
  • バンブーで愚痴をこぼす裕一
  • 歌の練習をしているとプリンスに声をかけられる音
  • プリンスに相談に乗ってもらうため二人でバンブーへ行く
  • 千鶴子に追いつけないと落ち込む音にアドバイスをするプリンス
  • 裕一が忘れた帽子を取りに戻ってきて、プリンスと音に遭遇
  • プリンスは幼なじみの久志と知って、喜ぶ裕一
  • 裕一と久志は再会を果たす

木枯の曲が採用される

自分より先に木枯の採用が決まって、複雑な思いを抱いた裕一。

その頃、野田洋次郎演じる木枯正人は録音室で古田新太演じる廿日市誉と発売するレコードについて話をしていました。

えっ?これA面で採用してもらえるって話でしたよね?

当然A面で発売されると思っていたのに、急遽廿日市の考えが変わり、

いや~やっぱB面でしょう。

何か地味だし、、、Bでいこうよ。よろしく。

ということになったのです。

木枯は、突然の変更に納得がいかない様子です。

窪田正孝演じる古山裕一が廊下を歩いていると、向こうから木枯がやってきました。

落ち込みながらも、

お、、、おめでとう。あの、、、曲採用されたって?

いや~よかったね!

と声をかけます。

先越されちったな、、、。

明るく振舞いますが、木枯もなんだか浮かない顔で

まあでも、、、思うようにはいかないよ。

とつぶやきます。そして、

なあ、、、。今夜空いてる?

と誘いをかけてきました。

裕一は、せっかくの誘いなので、付き合うことにしました。

カフェにいく裕一と木枯

二人が着いた先はカフェと呼ばれる場所です。

裕一は、こんな店に来るのはダンスホール以来初めてで動揺しています。

あら木枯さん。今夜はお早いんですね。

ママが声をかけてきました。

店内では、きれいな洋服をきた女給さんたちがいっぱいいます。

常連で慣れた様子の木枯に、

か、帰った方がいいんじゃないの?

こんな店に来るのはダンスホール以来初めてで動揺する裕一ですが、

導かれるままソファに腰掛けて、上着を預けます。

こちらの方も作曲家さん?

すごいですね~。

と女給さんに声をかけられるも、

いやいや、、、僕は全然ですよ。

と、落ち着かない様子です。

横に座った女給のエミ子が、

あら?緊張してる?かわいい~。

と両頬をなでてきました。

ねえ、木枯君さ、こういうとこって高いんじゃないの?

いいんだよ。取材費だから。

と平気な顔でいいます。

大衆が求める歌を作るには、まず大衆を知らなきゃ始まらない。

何か生々しいだろ?ここ。

見てると自然と音が浮かんで、書きたい衝動が湧いてくる。

木枯がカフェに来ている理由を説明すると、妙に納得した様子の裕一。

木枯の隣に座っていた愛子も

木枯さんのメロディーって何か心の古傷にそっと寄り添ってくれるような気がするんですよね。

と言うと、エミ子も

そうそれ!分かる~!

そこへママがギターを持って来て

木枯さん。今日も一曲歌って下さらない?

と催促します。

それじゃあと、今日録音された『影を慕ひて』を披露します。

まぼろしの 影を慕いて

雨に日に

月にやるせぬ わが想い

つつめば燃ゆる 胸の火に

身は焦れつつ しのびなく

なんとも憂いを帯びた、美しいメロディーです。

他の客たちも次々と近寄って聞き惚れていました。

カフェからの帰り道、裕一は

あんな単純なメロディーなのに、、、何で心打つんだろう?

と独り言を言いながら、家に着きました。

口紅の後が見つかり夫婦喧嘩をする二人

家に帰ると、音はまだ起きていて、裕一がびっくりします。

お帰りなさい。遅かったね。

あっ、、、起きてたんだ。

ご飯は?と聞かれ食べてきたと答えながらなにげに帽子と鞄を預けると、

何か、、、裕一さん変なにおいする。

えっ?えっえっ?

もしかして女給さんの香水の匂い?と動揺してしまいます。

甘い。何?これ。

とっさに、木枯に連れて行ってもらった店の香辛料だと嘘をつくのです。

甘いにおいのする塩で、魚料理に、、、うまかったな~あれと、まったく意味の分からない理由をつけて、しどろもどろに説明します。

へえ~面白いね。

と、嘘の話を真に受けている音。

なんとかごまかせたと思い、上着を脱ぐと右袖に口紅の跡がついていました。

それを見た音の表情が一瞬で変わります。

こ、、、これ、、、これは、、、。

何でもない、、、何でもない!そうこれは何でもない!

とシラを切ろうとしますが

何でもないっちゅうことないだろ!?

怒りは頂点に達しています。

お、、、落ち着こう音。落ち着こう。あの、、、落ち着いて。

あの、誤解、誤解を招くといけないから、、、。

と、もう自分でも訳がわからないことを言い出す裕一。

落ち着いとらんのはあなたでしょ?誤解って何?

二階堂ふみ演じる古山音の怒りは収まりません。

口紅をじっと見つめ

女!

と恐ろしい形相。

これはね、木枯がカフェーに行くって言うからと言おうとするも

カフェーでやる必要ないでしょ!?

と許せない様子。

ちゃんと話聞いてよ!木枯がね、、、。

木枯さんの話はどうでもいいわ!

人は人。あなたは自分のやり方でやればいいでしょう!?

痛いところを突かれ、ついに逆切れしてしまいます。

そんなこと言われなくたって分かってる!僕だって、、、ど、、、努力してんだから!

だったらそれでいいじゃん。カフェーなんかついていかんくたって!

もうどちらも後に引けない状態に陥ってしまいました。

君がそんなわからず屋だったとはお、、、思わなかった!

開き直られた音は、

はあ!?えっ何?私が悪いの!?

と激昂します。

裕一ももう後には引けない様子で

あ~疲れた!もう寝よう。はあ寝よう。

といってさっさと寝室にいってしまいました。

朝から気まずい二人

Login • Instagram
Welcome back to Instagram. Sign in to check out what your friends, family & interests have been capturing & sharing around the world.

初めて大喧嘩をした二人。

朝、裕一が気まずい様子で起きてきます。

音は裕一の飯椀にほんの少しだけご飯をよそい、

頂きます。

というと、黙々と食べ始めました。

それを見て何かを思い立った裕一は外へでていきました。

しばらくして、上機嫌で帰ってきます。

その手には、音の大嫌いな納豆を持っていました。

あ~いいにおいだな~。

納豆いいにおいだな~。う~ん!

これ見よがしに見せつけると、

臭っ。

と言って音は台所に移動してしまいます。

は~あ。いいにおい、納豆はいいにおい

はあ~!納豆~!

裕一は鼻歌交じりで声を上げては、ネバネバとかき混ぜ見せつけながら食べます。

バンブーで愚痴をこぼす裕一

まだ仲直りしてないの?

もう強情でやんなりますよ。

虫の居所が悪い裕一は、喫茶店バンブーで愚痴をこぼしていました。

でも楽しかったんでしょ?カフェー。

と、呑気なことを聞いてくる野間口徹演じる梶取保

しかし、納豆攻撃ってなかなかやるね。

こっちはね、結婚以来八丁みそ攻撃食らってますからね。

実は新婚生活が始まってからずっと、八丁みそのことを根に持っていました。

嫌なら嫌って言えばいいのに。

いや、、、嫌ってことはないですけど。毎日っていうのはさすがにきついですよ。

そこへ恵が何かを思い出したかのように

八丁みそか、、、はあ、、、

と、また恵の妄想劇場が始まります。

みそまんじゅうよく届けに行ったな、、、網走に。

なぜ網走?と疑問に思いますが、構わず妄想劇場は続きます。

最後の面会なんて『俺のことはもう忘れてくれ』って

鉄格子の向こうで涙してたな~。

と恵みがいうと、初めて聞いたとつぶやく保。

寸劇も終わり、仲里依紗演じる梶取恵は、

ねえ、でも音さんやきもちなんてかわいいじゃない。

裕一さんは音さんのこと心配にならないの?

べっぴんだし言い寄ってくる男いるかもよ。

と言いますが、

いやいや、、、ないないない。

そう否定すると、裕一は、帰って仕事しますといって出て行こうとします。

そして、切り替えて頑張ってね、と保が声をかけて見送りました。

カウンターで2人になる保と恵。

さっきの話を気にしていた保が

網走は寒いの?

と聞くと、恵みは

八丁みそか~。

とすっとぼけてみせます。

歌の練習をしている音

あ~あ~あ~あ~あ~あ~あ~あ~あ~あ~

その頃音楽学校のピアノで1人発声練習をする音。

夫婦喧嘩のことがあって、はあ~とため息をつくと、いつの間にか現れていたプリンスが

ため息なんて似合わないな。

と声をかけました。

姿勢を直したら声が通るようになったね。

どこかで会った気がすると思ったとたん、公園での出来事がよみがえり、入学前に出会った謎の男がプリンスだったと気がつきます。

伸びる人ほど助言を素直に受け入れる。君は見込みがある。

ありがとうございます。

僕でよければ相談に乗るよ。

プリンスに相談する音

こんにちは。

いらっしゃい、、、。

意気投合した2人は揃ってバンブーを訪れました。

男連れの音にびっくりして、息が止まる恵と保。

いいのか?男と2人って。

と心配する保に、二人を見ている恵は

ああ、、、いいわ~。大した度胸だわ。

となんだか楽しげな様子です。

ミルクティーをカップに注ぎながら、

千鶴子さんの歌を聴いた時は衝撃を受けました。

同い年にこんな人がいるなんて。

確かに彼女の技巧はとても優れてると思う。

幼い頃から最高の環境で教育を受けてきた人だからね。

と至って真面目な音楽談義をする2人をカウンターから見つめる二人。

保と恵はその二人の話している様子から勝手に妄想を始めるのです。

駄目よ私は夫がある身。

分かってる。でも止められない。音さん愛してる。

もっと早くに出会いたかったわ。伝吉さん。

保も妄想を楽しんでいましたが、ハッと我に返り

伝吉さんって誰?

音はそのあともプリンスに自分の気持ちを話し続けます。

悔しいけど、、、私が千鶴子さんに追いつくなんて、、、。

追いつかなくていいんじゃないかな?

それよりも自分だけのサムシングを見つけるんだ。

と助言するプリンス。

サムシング?

そう、、、サムシング。

そう言って、つい見つめ合う二人。

あ~あ、あんな見つめ合っちゃって。

こんなことが裕一君に知れたら、、、。

と、そこへ突然舞い戻ってきた裕一。

ええっ!?

何で戻ってくるの?早く行って。止めて。

と、保と恵があたふたします。

どうしたの?裕一君。

いや、帽子忘れちゃって。

振り向かないように押さえつけている裕一を恵がトレーで後ろが見えないようにガードします。

しかし、もみ合っているうちにトレーを落としてしまい、裕一は音の姿に気がついてしまったのです。

うん?

妻が知らない男といることに疑問を抱いていると

裕一さん、、、。

するとそれを聞いたプリンスが

ユウイチ、、、。

古山、、、裕一?

古山?いや僕だよ、、、。

佐藤久志。

と、思い出したように近づいてきて言いました。

山崎育三郎演じる佐藤久志は、裕一が小学生の時に転校してきた裕福な男の子で、いつも突然現れては消えてしまうあの子でした。

ああっ、、、久志!

思いがけない再会に喜びあう二人。

この再会が裕一の運命に大きく影響していくのでした。

ここまでが、5月13日に放送された朝ドラ「エール」第33話のあらすじのネタバレです。

エール第34話のあらすじを知りたい方は、第34話『契約交渉に挑む音』へ読み進めてください。

朝ドラ「エール」第33話の感想まとめ

朝ドラ「エール」の感想
こちらは、朝ドラ「エール」第33話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

さて、エール33話では、裕一と音が誤解から初めて夫婦喧嘩をする回でした。

本当は、久志との再会がメインなのかもしれませんが、二人の喧嘩が頭から離れませんw

突然現れるプリンス

音が歌の練習をしていると突然部屋に現れるプリンス。

誰も気づかれずに入ってきたということは、そ~っと少しずつ扉を開けて侵入してきたってことですよね?

そのときの描写を見たいと衝動に駆られましたw

A面ではなくB面

ついに木枯がレコードだすことになりましたが、A面とB面って言われて理解できる若者居るのか?

まだ見る年代の人は分かるのかもしれませんが、30年後の朝ドラでは、昔のCDなんかがでてきて懐かしいとか思っちゃうのかと思うと、年って取りたくないですよねw

採用されたら採用されたで落ち込んでいた木枯もB面でめげずにがんばってもらいたいです!

それにしても先日までは、契約金はいわば借金といいつつも、毎晩カフェで豪遊していたことが発覚した木枯

昔のカフェっは今でいうキャバクラみたいな感じだったのかさておき、裕一さんは持ち合わせてない大衆感覚がここにはあるような気がしました。

ただ、裕一にとってはあの志津に振られたダンスホールのデジャブだったのかもしれませんw

音にばれる

カフェからの帰りでものの見事に行ったことがばれた裕一。

シャツに口紅?ベタすぎw

こんなバレ方、民放の不倫ドラマでも描かないようなミスですね。

15分ドラマならではの、短時間伏線回収術ですw

女ってという生き物って、本当に匂いで勘付くのよね。

まさか令和になってコテコテの夫婦喧嘩を見せられるとは夢にも思いませんでしたw

ただ、二階堂ふみさんがキレている姿は、いつみても面白いです!

納豆で嫌がらせする裕一も対抗しているけど、やり方が小物すぎる、、、

バンブーの梶取夫婦の芝居

仲里依紗演じる梶取恵って、どんだけ闇の過去を抱えたキャラなんでしょうw

網走って結構はずれにある地域ですが、どんな人生を送ってきたのでしょうか?

旦那の保が知らない情報をちょいちょい小出しに公開していくのが面白くてしょうがない。

実は、ネタバレになりますが、第12週あらすじでは、梶取夫婦のスピンオフ的な物語があります。

これは、どう面白くなるのか見逃せません!

以上が、朝ドラ「エール」第7週目第33話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。

ここから下は、エール第7週の最後のあらすじのネタバレが含まれています。
第7週のあらすじを一気に知りたい方だけ、読み進めてください。

エール第7週目のネタバレあらすじ

33話放送のエール第7週「夢の新婚生活」は、コロンブスレコードと契約したがまったくレコードが出せずに1年が過ぎ、パワフル音さんが契約交渉に挑むストーリーとなっています

第7週のあらすじを一気に知りたい方は、エールの第7週「夢の新婚生活」で、要点を絞ってあらすじをネタバレしていますので、ご確認ください。