『エール』木枯正人役は野田洋次郎!映画で新人俳優賞を受賞していた!?

NHK朝ドラ「エール」で、木枯正人役を演じるのは、野田洋次郎さんです。

こちらでは、エールのキャスト・野田洋次郎さんに関する情報をまとめています。

  • 野田洋次郎さんが演じる木枯正人の役柄
  • 木枯正人のモデル
  • 野田洋次郎さんのプロフィール(名前・生年月日・星座・血液型・出身地)
  • 出演したドラマ・映画・舞台などの情報
スポンサーリンク

野田洋次郎演じる木枯正人の役柄は?

 

この投稿をInstagramで見る

 

野田 洋次郎 Yojiro Noda(@yoji_noda)がシェアした投稿

エールのキャスト・野田洋次郎演じる木枯正人は、コロンブスレコード専属の作曲家です。

古山裕一とは同時期に作曲家として採用され、同期になります。

木枯正人は、裕一より先に「影を慕ひて」でデビューしますが、西洋音楽を聴いて育った裕一をリスペクトしており、裕一が悩んでいるときは、助言することもあります。

木枯正人と古山裕一は、お互いに故郷の家族を捨てて音楽の世界に踏み入れたため、良きライバルであり、良き友でもあります。

木枯正人のモデルは?

朝ドラ「エール」のキャスト・野田洋次郎さんが演じる木枯正人のモデルは、昭和の名作曲家である古賀政男さんです。

古賀政男さんは、コロンブスレコードのモデル・日本コロムビアに入社しています。

こちらについては「【エール実話】木枯がコロンブスレコードに入社した話は本当か?実は平社員希望でした!」で詳しくまとめています。

朝ドラ「エール」では、裕一は木枯正人から契約金が印税の前払いだと聞かされましたが、契約金が印税の前払い金だった話も実話なんです。

裕一のモデル・古関裕而さんも、契約した後にそのことを気づき嘆いています。

こちらについては「【エール実話】コロンブスレコードとの契約金が印税の前払い金だった話は実話か?」で詳しくまとめています。

野田洋次郎のプロフィール

こちらでは、エールのキャスト・野田洋次郎さんのプロフィールを紹介します。

名前野田洋次郎(のだようじろう)血液型A型
生年月日1985年7月5日身長180cm
星座かに座出身地東京都

木枯正人役を演じる野田洋次郎さんは、東京都出身で、ロックバンド「RADWIMPS」のボーカルです。

「RADWIMPS」は、2001年に結成された4人組ロックバンドバンドで、バンド名は、すごい、強い、いかしたという意味のアメリカ英語の俗語「rad」と弱虫、意気地なしという意味を持つ「wimp」を組み合わせた造語で、かっこいい弱虫、見事な意気地なしといった意味を持っています。

RADWIMPSでは、ギターも担当しており、ほとんどの楽曲の作詞作曲を手掛けています。

野田洋次郎さんは、東京都生まれですが、幼稚園の卒園3ヶ月前に父親の仕事の都合でアメリカに移住し、小学4年生の3学期に日本に帰国しています。

そのため英語が堪能で、そのネイティブな発音は、RADWIMPSの楽曲にも大いに生かされているのが魅力の一つです。

映画『君の名は』の「前前前世」

RADWIMPSは、知る人と知る人気バンドで、「ラッド」の愛称で親しまれ、男女問わず特に若い世代を中心に支持されていました。

そんなRADWIMPSを一躍有名にしたのが、社会現象になった映画『君の名は』の主題歌「前前前世」です。

「前前前世」が世界的に大ヒットし、「第58回日本レコード大賞」で特別賞を受賞し、「NHK紅白歌合戦」に初出場も果たしています。

ソロ活動

野田洋次郎さんは、高校生の時に桑原彰さんと出会い、RADWIMPSを結成しましたが、RADWIMPS以外に「illion(イリオン)」という名義でソロ活動も行っています。

「illion(イリオン)」は2012年に活動発表したソロプロジェクトで、東北地方太平洋沖地震をきっかけに始動しました。

2013年にリリースしたファーストアルバム「UBU」は、日本だけにとどまらず世界各地でも発売されています。

また、同年にはイギリスのロンドンで初ライブを開催するという実績も残しており、日本での音楽活動だけではなく、海外での音楽活動を夢見ていた彼の夢を実現するプロジェクトとなりました。

所属事務所は「有限会社ボクチン」

野田洋次郎さんの所属事務所は、有限会社ボクチンで、RADWIMPSが立ち上げた個人事務所です。

ちなみに、所属レコード会社は「ユニバーサルミュージック」です。

俳優活動

朝ドラ「エール」は、昭和の音楽史を代表する作曲家である古関裕而さんと、その妻で歌手としても活躍した古関金子さんをモデルとし、昭和という時代の中で数々の曲を生み出した作曲家と妻の波乱に満ち溢れた生涯を描いたドラマです。

主人公の古山裕一を窪田正孝さんが、ヒロインの関内音を二階堂ふみさんが演じ、実力派の俳優が多数登場することでも話題になりました。

多くの俳優が作品に彩りを与えている朝ドラ「エール」ですが、その中で一際話題になったのが、作曲家・木枯正人役を演じることになった野田洋次郎さんです。

朝ドラ「エール」が俳優デビューと思われがちですが、実は、2015年の映画「トイレのピエタ」で主演を務め、俳優デビューを果たし、同映画で日本アカデミー賞「第39回新人俳優賞」を受賞しています。

2017年には、テレビドラマ「100万円の女たち」で、ドラマ初出演でありながら、初主演を務めました。

その後も数々のテレビドラマや映画に出演しているため、俳優としての実力も期待されています。

野田洋次郎さんは、音楽活動や俳優業で活躍し、またエッセイ本を出すなどマルチに活動している人物です。

そんな彼が木枯正人をどのように演じるのか、その役どころに注目です。

朝ドラ「エール」では、ギターを弾きながら歌声を披露するシーンもあるので、その場面も期待が出来ます。

これまでの出演ドラマ・映画情報

こちらは、エールのキャスト・野田洋次郎さんが、これまで出演したドラマや映画の情報です。

作品名役名概要
ドラマ
100万円の女たち道間慎
ハロー張りネズミ 最終話謎の依頼人
dele 第4話日暮裕司
朝ドラ「エール」木枯正人
映画
トイレのピエタ園田宏
リップヴァンウィンクルの花嫁カメオ
犬ヶ島ニュースキャスター
泣き虫しょったんの奇跡鈴木悠野
CM
東京メトロ「Find my Tokyo.」第3弾CM「私を惹きつける池袋」篇
ベネッセコーポレーション「たまごクラブ」「ひよこクラブ」創刊25周年記念CM特別編
キリンビール「淡麗グリーンラベル」CM「GREEN JUKEBOX 時篇」
キリンビール「淡麗グリーンラベル」CM「GREEN JUKEBOX 心篇」

朝ドラ「エール」のキャスト一覧

こちらは、朝ドラ「エール」のキャスト一覧です。

「エール」の子役キャストを知りたい方は、「朝ドラ『エール』に出演する子役キャストを男の子と女の子に分けて紹介」ですべての子役キャストをまとめています。

朝ドラ「エール」のキャスト(出演者)一覧
出演者モデル関係・役柄
古山家
古山裕一窪田正孝(子役:石田星空古関裕而作曲家を目指す主人公
古山三郎唐沢寿明古関三郎治
古山まさ菊池桃子古関ヒサ
古山浩二佐久本宝(子役:潤浩古関弘之
権藤茂兵衛風間杜夫武藤茂平伯父
権藤源蔵森山周一郎祖父
権藤八重三田和代祖母
関内家
関内音二階堂ふみ(子役:清水香帆古関金子歌手を目指すヒロイン
関内安隆光石研内山安蔵
関内光子薬師丸ひろ子内山ミツ
関内吟松井玲奈(子役:本間叶愛
関内梅森七菜(子役:新津ちせ
裕一の恩師・幼なじみ
佐藤久志山崎育三郎(子役:山口太幹伊藤久男友達
村野鉄男中村蒼(子役:込江大牙野村俊夫友達
藤堂清晴森山直太朗遠藤喜美治恩師
音を取り巻く人々
双浦環柴咲コウ三浦環関内音に影響を与える歌手
岩城新平吉原光夫馬具職人頭
打越金助平田満物流業
御手洗清太郎古川雄大歌の先生
小山田耕三志村けん作曲家
呉服屋「喜多一」
大河原隆彦菅原大吉番頭
桑田博人清水伸店員
及川志津雄田中偉登店員
川俣銀行
落合吾郎相島一之支店長
鈴木廉平松尾諭行員
菊池昌子堀内敬子事務
松坂寛太望月歩行員
裕一の恋?の相手
志津堀田真由ダンスホールの踊り子
レコード会社「コロンブスレコード」
廿日市誉古田新太ディレクター
木枯正人野田洋次郎作曲家
杉山あかね加弥乃秘書
喫茶バンブー
梶取 保野間口徹 店主
梶取 恵仲里依紗 店主
早稲田大学応援部
田中 隆三浦貴大早稲田大学応援部五代目団長
裕一と関わる歌手
藤丸井上希美芸者・歌手
山藤太郎柿澤勇人歌手
東京帝国音楽学校
夏目千鶴子小南満佑子音の良きライバル