あぐり第151話のネタバレあらすじ!芥川賞候補

こちらでは、朝ドラ「あぐり」26週目第151話のあらすじのネタバレや、あぐりと原作の比較、感想をまとめています。

あぐりの第150話「晃に女の影」では、晃が女性といるところを目撃され、和子が心配するストーリーでした。

あぐりの第151話「芥川賞候補」では、淳之介の小説が芥川賞候補となるが、落選するストーリーとなっています。

朝ドラ『あぐり』
1997年9月29日(月)放送
第31週サブタイトル『素晴らしき日々へ』

あぐりの最終回までのあらすじ≫

朝ドラの過去作品を視聴したい方は、「U-NEXT」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『あぐり』第151話のネタバレあらすじ

ここからは、9月29日に放送された朝ドラ「あぐり」第151話のあらすじをまとめたネタバレです。

あぐり151話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

あぐり(田中美里)と林(高嶋政伸)が再婚して3年。

淳之介(山田純大)の書いた小説が芥川賞候補になり、とめ(細川ふみえ)や辰子(鈴木砂羽)も駆けつけるが、当の淳之介は岡山に雲隠れ。

結局淳之介は、芥川賞に落選してしまう。

ここまでが、9月29日に放送された朝ドラ「あぐり」第151話のあらすじのネタバレです。

あぐり第152話のあらすじを知りたい方は、第152話『新作の髪型』へ読み進めてください。

朝ドラ「あぐり」第151話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「あぐり」第151話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

あぐり151話の感想

放送終了次第、すぐに感想をまとめますので、しばらくお待ちください!

以上が、朝ドラ「あぐり」第26週目第151話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。。