あぐり第8週のネタバレあらすじ!内弟子1年生

こちらでは、朝ドラ「あぐり」第8週(36話~40話)のあらすじのネタバレと感想をまとめています。

あぐりの第7週「夢は美容師」では、あぐりが、チェリー山岡の弟子募集の新聞広告を見つけて、面接を受けるストーリーでした。

あぐりの第8週「内弟子1年生」では、チェリー山岡に弟子入りしたあぐりが、子供たちの世話をしたり、美容院で美顔マッサージを覚えたりとがんばるストーリーです。

朝ドラ『あぐり』
1997年5月26日(月)~5月31日(金)放送
第8週サブタイトル『内弟子1年生』

あぐりの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「あぐり」を見逃した方は、「朝ドラ(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『あぐり』第8週のネタバレあらすじ

こちらでは、朝ドラ『あぐり』第8週の放送されたストーリーから、ネタバレあらすじをまとめています。

第8週の各話ごとの詳細ネタバレあらすじを知りたい方は、こちらからご確認ください。

朝ドラ『あぐり』第8週『内弟子1年生』一覧
放送回放送日
第43話「子供たちの世話」5月26日(月)
第44話「武史の寂しい気持ち」5月27日(火)
第45話「付き人」5月28日(水)
第46話「美顔マッサージ」5月29日(木)
第47話「パック剤」5月30日(金)
第48話「お休みの日」5月31日(土)

第一歩の日

チェリー山岡(名取裕子)から弟子入りを許され、美容師として第一歩の日の迎える。

川村あぐり(田中美里)は、望月光代(星由里子)に淳之介を託し、身支度をして家を後にした。

トラブル

チェリーの店にいくと、途中でスタッフの千代子とぶつかり、お客様の花瓶を割ってしまう。

お客様のご指名だった時子がかんかんに怒っていると、チェリーの一番弟子の雪が起きてしまった事はしかたないと間に入り、険悪なムードに。

山岡家

それから、スタッフの辰子に連れられて山岡家に着いたあぐり。

最初に与えられた仕事は、腹痛で学校を休んだチェリーの息子・武史の看病だった。

しかし、二階に上がり体面すると、武史からうるさい出て行けと言われてしまう。

一階に下りると、チェリーの母・山岡さち(大森暁美)から掃除をするよう言われる。

ウソ

掃除が終わりやっとおかゆを作って持っていくが、食べようとしない。

こっそり様子を見ると隠し持っていたお菓子を食べていた。

仮病だと知ったあぐりが、お母さんにいいつけると話していると、後ろからチェリーの娘・山岡真知子(吉野紗香)がやってくる。

二人のやり取りを見ていた真知子は、仮病なんて男らしくないといって部屋から出て行った。

ウソ2

それから数時間後、チェリー山岡が帰ってきた。

すると今度は、真知子がチェリーにおかゆを食べさせずにチョコレートを食べさせたとウソをつきはじめた。

チェリーがあきれてどこかに行ってしまうと、一緒に帰ってきた辰子がやられたわねと言い、子供たちは相手にしないほうがいいと忠告した。

支度

夕食の支度をしているあぐりと辰子。
子どもたちのウソに戸惑うっていると、中野辰子(鈴木砂羽)はこの家の子供たちは平気でウソをつくという。
川村あぐり(田中美里)はなぜチェリーが何も言わないのかと聞くと、仕事ばかりしていて後ろめたいのではと答えた。

仮病

翌日も武史が仮病を使い、学校を休む。
店に出勤するだったあぐりは、急遽チェリー山岡(名取裕子)から、武史の面倒を見るよう言われる。
武史はまたごはんを食べずにお菓子を探すが、あぐりがすでに家中のお菓子を隠していた。
朝食時、チェリーの母・山岡さち(大森暁美)と話していると、さちも仮病にはすでに気づいており、気づいていないのは母親だけだと嘆く。
そして、武史は親の愛情に飢えているのだと気にかけた。

おかし

さちの話しから、武史の寂しい気持を察したあぐりは、武史にお菓子の隠し場所を教え、与えた。
このとき、あぐりは、母親が仕事を持つことで、子供にどういう思いをさせるのかを思い知ったのだ。

朝食

チェリー山岡(名取裕子)の内弟子になって1週間が経った。
川村あぐり(田中美里)は相変わらず山岡家の雑用ばかりで美容院へ行くことを許されていなかった。
そんなある日の朝食時、武史がにんじんを残しているのを見て、あぐりがちゃんと食べなさいと指摘する。
武史は、渋々だったが、あぐりの言うことを聞き、にんじんを食べて学校へ行った。

付き人

武史とのやり取りを見たチェリーは、あぐりを付き人にすると言い出す。
チェリー山岡は、自分がいくらいってもにんじんを食べなかったといい、子供に対する接し方が分からないと口にした。
あぐりは、武史はお母さんを求めているといいかけましたが、淳之介のことを思うと、そのことは言えなかった。

美容院

この日、初めてお店にいくことを許されたあぐり。
仕事といえば、掃除ばかりだったが、夢の第一歩を踏み出したのだ。
チェリー山岡がでかけるというので、付き人としてあぐりも付いていく。

カフェセラヴィ

向かった先は、カフェセラヴィで、中に入ると上原世津子(草笛光子)とおしゃべりをしているよう言われる。
そして、チェリー山岡は一人の男性のもとへ向かう。
その男は、沢田稔(中条きよし)という男だった。
世津子の話では実業家で、チェリー山岡のパトロンだという。
そして、マスターからは男女の仲だと知らされる。

練習代

あぐりが家に戻ると、同じ内弟子の中野辰子(鈴木砂羽)と山本花枝(洪仁順)から呼び止められる。
花枝は、これも新人の仕事だといい、あぐりを、カールの練習台にした。
そして、付き人としてチェリー山岡の行動を根掘り葉掘り聞かれるが、シラを切りとおした。

外国人のお客様

ある日、美容院に外国人の女性が訪れ、英語のしゃべれない従業員たちが困ってしまう。
そこへ外出先から川村あぐり(田中美里)が戻ってくるが、肝心のチェリー山岡が一緒ではなくがっかりする。
しかし、少しだけ英語がしゃべれるあぐりは、その女性に話しかけ、要望を通訳した。
お客様が帰られる際に、ちょうどチェリー山岡(名取裕子)山岡が帰ってくる。
そのお客様はすごくよかったと伝え、通訳してくれたあぐりに感謝した。
そして、これからの美容師も英語ぐらいしゃべれないといって奥にいくと、従業員たちは髪を切ったのは雪なのにと不満を口にする。

実験

営業時間が過ぎても、なぜか帰らない従業員たち。
あぐりがそのことで質問すると、今日は「あの日」だと雪が答えた。
そこへチェリーがやってきて、今日の実験はパックだと伝える。
実は、チェリー山岡は洋髪だけでなく美顔の研究にも積極的で、いつも営業時間後に、さまざまな商品の実験をしていたのだ。
この日は、パック剤の実験で、みなの顔にパックをしていくが、皆顔がムズムズすると訴えた。
しかし、あぐりだけは、なんとも無く皮の厚いのだと笑われる。
刺激が強すぎたパックは、チェリー山岡の指示で棚に保管した。

クリームの塗り方

翌日、雪が和代に、あぐりにクリームの塗り方を教えるよう指示する。
和代がクリームの塗り方を教えた翌日には、雪が実際にお客様のクリームを塗るよう伝えた。
あぐりが教えられたように塗っていると突然客が痒みだし騒動になる。
チェリー山岡が騒動を知ると、雪が監督不行届で咎められた。

犯人は誰?

和代から教えられてパックを覚えた川村あぐり(田中美里)
その特訓のかいあって、雪から初めてお客の美顔マッサージとパックを任されたあぐりだったが、試作品のパック剤とすり替えられていることに気づかず、お客様に塗ってしまい大騒ぎになる。
いったい誰がすり替えたのか、このときのあぐりにはまだ分からなかった。

雑誌の紙面

翌日、チェリー山岡(名取裕子)に呼び出された雪と時子。
チェリー山岡は、雑誌の紙面で美容師を紹介することになったが、一人だけだという。
そこで、二人には、新しい髪形を1週間で考えてもらい、ソレを見てどちらを選ぶか決めると伝えた。

モデル

雪は、早速、あぐりの元へ向かい、モデルのお願いをする。
何も考えなしでその申し出を受けたあぐりだったが、辰子たちからは派閥争いに巻き込まれただけだと言われた。
案の定、時子からもモデルを依頼されるが、あぐりは二人が競争することを知らなかったといい、時子のモデルを断った。

カマ

あぐりに断られた時子は、和代を引き入れることを考え付く。
そして、クリームをすり替えたのを見たとカマをかけると、案の定犯人は和代だった。
動揺する和代に、時子は、黙っている代わりに手伝って欲しいとお願いした。

辞退

取引を持ちかけた和代は、悩んだ末に、雪にすべてを告白する。
すべてを知った雪は、チェリー山岡に今回のことは辞退すると告げ、時子にクリーム事件のことは他言にしないよう忠告した。

休み前日

川村あぐり(田中美里)はこの日、上機嫌だった。
実は、明日はつきに一度のお休みで息子の・淳之介に会える日だったのだ。
以前届いた光代の手紙には、1歳の淳之介が歩いたことが書かれており、それを知って大喜びしていたのだ。
その話を陰でひっそりと聞く山岡真知子(吉野紗香)

あぐりは、チェリー山岡(名取裕子)山岡に呼ばれ部屋にいくと、淳之介へのプレゼントで子供の靴を手渡される。
高価なものはいただけないというが、真知子のお古だからといわれ、受け取ることにした。
もらった靴は大切に荷物の中にいれるお風呂にいくと、その間、真知子が部屋に入り、その靴を盗む。

休みの日

翌日、チェリー山岡に靴の件で、お礼を言うと、真知子が靴にサヨナラと言わせてほしいといい、とりだすあぐり。
しかし、かばんに入れていたはずの靴がなくなって探し出す。
千代子が裏で燃やしていたゴミの中から靴が見つかり、淳之介にしっとした真知子の仕業だと分かる。
責任を感じたあぐりは、家に帰らず出て行った真知子をずっと待っていて、とうとう帰らなかった。

再会

気持ちを切り替えて夕食の支度をするあぐり。
外に出て夜空を見上げていると、赤ちゃんの泣き声が。
するとそこへなんと淳之介を抱いた望月エイスケ(野村萬斎)が現れたのだ。
1ヶ月ぶりの再会に喜ぶあぐりだった。 

ここまでが、5月26日~5月31日に放送された朝ドラ「あぐり」第8週のあらすじのネタバレです。

あぐり第9週のあらすじを知りたい方は、第9週『先生の醜聞(スキャンダル)』へ読み進めてください。

朝ドラ「あぐり」第8週の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「あぐり」第8週の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていない次週のネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

二大派閥

ついに美容師の第一歩を踏み出したあぐり。

相変わらず、初日からやっちゃってくれましたよね。

あわてんぼさんは相変わらずですが、それよりもチェリーの店の派閥争いがいきなり見られるとは!

話の感じからすると、チェリーの一番弟子で古参でもある川田雪とおそらくNO2?であろう石森時子が犬猿の仲のようでしたね。

この二人にそれぞれ取り巻きがつくような形で、雪派と時子派に別れていましたが、2対4の構図で4のうち1は、無理やり入れさせられている感がありました。

こういう構図はドラマでもあるあるな構図で、その1があぐりと仲良くなっていくんじゃないかなと推測w

山岡一家

そして、弟子入りした最初の仕事が子守。

あ~こういうパターンなのねと思いながら見ていましたが、子供がひねくれてるのを見るとちょっとイラッときますw

しかも二人ともひねくれ者で、この先仲良くなっていくんでしょうが、中々難しそうです。

そしてもう一人の住人がチェリーの母親のさちさん。

どうも娘がチェリーと呼ばれることに嫌悪感を持っているようで、「桜子」の母親と強調していました。

ということはチェリー山岡の本名は山岡桜子という名前だったということです。

桜子といえば、思い出されるのが朝ドラ「純情きらり」のヒロイン・有森桜子。

この子はちょっとイラッとするような子でしたが、性格は正反対ですね。

どちらかといえば有森桜子とあぐりが似ている感じですかね。

ダブルのウソ

今日は二つのウソがありました。

一つは、武史がなんともないのに腹が痛いと仮病を使って休んだこと。

もう一つは、姉の真知子があぐりがおかゆを食べさせようとしていたのに、おかゆをあげないでお菓子をあげたと話していたこと。

この家の子供たちはどんだけひねくれているんですか?

もしも私があぐりの立場だったらしょっぱなビンタで大人の力ってやつを見せ付けていましたw

相当やられた!?

辰子がチェリー山岡の子供のことを平気でウソをつく子供たちだと話していましたが、結構嫌っている感じでしたよね。
これは、あぐりが来る前から同じようなことをされていたんじゃないかと簡単に推測できます。
本人からしたら、修行に来たのに子供の子守をさせられるというだけで不満なのに、その子供がかわいくないとなれば余計ですよね。
たしかに、その気持ちは分からなくはないですが、あぐりのように子供に寄り添ったほうが後々徳になりそうだということは考えなかったみたいです。
ただ、あぐりの場合は、損得なしで考えているのでただ単に子供のことを思って寄り添っただけなので、純粋といえば純粋ですが、純粋ゆえに無害とは限りません。
いい例が、岡山の仕送りをホイホイと使ってしまうことです。
後先考えないで使ってしまうところも、お金に執着しないという点では汚い人間には見えないかもしれませんが、人様が働いて稼いだお金を大事に使わないところにはちょっと本人にその気がなくても悪を感じます。

仮病だと気づかない!?

またしても仮病を使った武史。
チェリー山岡はまったく仮病と気づかない様子ですが、結構しょっちゅう学校を休んでみるみたいで、本当に気づいていないのなら体の心配をしそうなものです。
そういったことも気に出来ないほど仕事に打ち込んでいるようにも見えますが、本当に子供のこと考えていないんだなと感じるシーンでしたね。
私の子供もたまに仮病みたいなことを言って学校休もうとしていた時期もありましたが、たいてい分かりますし、本当につらそうなら心配もします。
あぐりはまだ子供が幼いことや、会えないことで、よけい強く思ってしまう分もありますが、たとえ仕事をしていていも子供を心配するのが親じゃないかなと思いました。

まじ!?

朝食時、武史がにんじんを残したことに普通に注意するあぐり。
お菓子を与えた効果てきめんで、すんなりニンジンを食べて学校へいく武史。
あのときのチェリー山岡の表情が「まじ!?」って顔つきでちょっと笑ってしまいました。
もう少し言葉を付け加えるなら「どうやって武史を調教したの!?」と聞きたいような顔をしていましたが、ちゃっかりその後聞いてきましたねw
しかし、たったあれだけで付き人に昇格させるとか、何かを感じ取ったということでしょうか。
そのせいで、割を食ったのが辰子。
あの不満たらたらな顔が、昇格できない理由だと悟った瞬間でしたw

久しぶり!

付き人として付いていった先が、カフェセラヴィ。
久しぶりに世津子とご対面しましたが、チェリー山岡が付き人を連れてきたのが初めてだと聞いて、相当気に入られたみたいな感じでしたね。
単に、世津子と知り合いだから連れてきたという線も考えられなくはないですが、しいていえば、パトロン・沢田稔の存在をあぐりに認識させるためにシーンのように感じます。
つまりは、噂のパトロンなのかどうかが今後事件として浮上しそうだということです!
いや、きっとある!
というより、あって欲しいと願う自分がいますw

へたくそ!

家に戻ってから、チェリー山岡のことで色々聞かれるあぐり。
「さ~~~~」ってシラを切るのがへたくそすぎでしょう!!!
その「さ~~~」が答えになっているようなもんですよw
ウソをつけない体質なのかもしれませんが、本当にシラを通さなければいけないときもきっと来ると思うので、逃れる術を身につけたほうがいいですよ。
一番最初に辰子が色々みなの特徴を教えてくれたときも結局対処できていませんでしたしw

しゃべれたの?

今日は、美容院に外国人のお客様がやってきて、他の従業員はしどろもどろでしたね。
そこにやってきたのが、あぐりさん。
まさか英語をしゃべっていましたが、そういえば女学校通っていたんでしたよね。
舞台が東京だったので、すっかり岡山で学生していたことを忘れていましたw
そういえば、女学校にいった理由が、友達に馬鹿にされたからだということだったと思いますが、実は頑張り屋さんなところがあるヒロインです。
今回は、ちょっとお店でも役に立てて鼻高々になってもいいですよと思っていましたが、まったくそのあたりを気にしないのがあぐりだと感じたシーンでした。

露骨

そんな中、雪が180度態度かえたようにあぐりに注視する事態が!!!!
一番弟子の和代さんがいるのに、鞍替えですか?
他の従業員も噂をしていましたが、ちょっと露骨すぎますよね。
長年右腕として支えてきたのに、ここにきて新人のあぐりにごっそり持っていかれたら、そりゃ面白くないですよね。
クリームを入れ替えたくなる気持ちも分かりますよ!!!
ってまだ犯人決まったわけじゃないですけど、どう見ても和代さんに確定ですよね?
今回の予想だけは100%当たると核心して、明日の朝ドラ「あぐり」を楽しみにしている私がいるw
絶対当たりますように!というか当たるし、絶対!
いや、当たるよねこれ、、、

意図

絶対当たると信じていますが、雪の意図としてはどうなんだろう?
あぐりを右腕としたいのか、もしくは、チェリー山岡のお気に入りになりそうな存在だから今のうちに引き込んでおこうとしているのか。
このあたりがまだ見えてこないので、明日がめっちゃ楽しみであることは間違いないw

派閥

雑誌に掲載されるのは一人だということで、雪と時子が新しい髪型対決をすることになりました。
雪はそうそうに動き、あぐりのもとへ向かってモデルをお願いしましたが、その後に中野辰子から派閥について色々聞かされ、ちょっと後悔していましたね。
ああいうのは女性の中でのあるあるですよね。
女性特有のあるあるというか、派閥で別れ忌み嫌うところが、学生時代にもちらほら目にしていました。
私はそういうのは嫌だったので、特定のグループで何かをするということありませんでしたが、どの時代であってもこういう問題は起こるもんですね。
それにしても辰子は、色々と情報を提供してくれる中々のメッセンジャーです!
そのせいで、今回のように損することはありますが、視聴者としてはありがたい存在ですw

意地汚い

反対に意地汚いのが時子さん。
ああいう人も近くにいたなあと思って観ていました。
強欲と言うか、人の弱みにつけこんで何かとお願いしてくる。
ああいう人って必ず今回だけではなく、何度でもつけこんでくるんですよね。
私の最も苦手なタイプだわ~w

すぐ解決

弱みを握られて手伝うことになった和代さん。
結構悩んで悩んで、どうしようっていう展開になるのかと思いましたけどもあっけなく告白しましたね。
あそこはちょっと予想外でしたが、和代の告白で、辞退することにして雪。
自分の責任と感じたんでしょうね。
ずっとついてきてくれた時子の存在を改めて感じ、自ら降りることで和代を守ったということになりましたが、今回の件でふたりの絆はもっと強くなりそうです。
個人的には和代が悩みに悩んだ末にあぐりに告白し、あぐりがどうにかするのかと思いましてけれど、そういった派閥があるんだという、世間の厳しさを教える回でしたw

プレゼント

1ヶ月ぶりに淳之介に会えるということで、るんるんのあぐりさん。
チェリー山岡に呼ばれて靴をプレゼントされていましたが、ここまでは微笑ましいストーリーです。
しかし、そのプレゼントが真知子のお古というのは、ちょっといかがなものかと思っちゃいました。
いや、善意ですのでいいんですけれども、これ結構難しい問題ですよね。
相手があぐりだったから普通に喜んでいましたが、受取手によってはいらなくなったお古をおしつけられたと感じる方も少なからずいると思う。
他にもお金稼いでいるんだから新品をプレゼントすればいいのにという考えの人も。
私個人としてはお古をプレゼントに上げることはないです。
ただ、ママ友たちとお古を回すということはしていますがw

愛情に飢える子供

武史はてなづけたかと思ったら、今度は真知子が問題を起こしました。
あまりに武史の件があっさりと済んだので、真知子の存在が薄くなっていましたが、ここに来て真知子の心を開かせる鍵になりそうですね。
武史同様敵対してからの仲良しになるのは、よくあるパターンですけれども、どうやって真知子の心を開かせるのか見ものです!

電話こないの?

結局家に帰らなかったあぐりですが、電話もかかってこなかったのかな?
普通なら帰ってこないのは何かあったからかもしれないと電話かけてきてもいいのですが、そういったシーンがありませんでした。
最後の最後でエイスケが淳之介を連れてやってきたことで、今回の話は完結しましたが、もしかしたら光代が電話をかけるといったけど、エイスケが直接いってくるわ~って話になったのかもしれませんねw

以上が、朝ドラ「あぐり」第8週目のあらすじのネタバレと感想まとめでした。。