『あぐり』上原世津子役は草笛光子!元夫は芥川龍之介の三男だった!?

NHK朝ドラ「あぐり」で、上原世津子役を演じるのは、草笛光子さんです。

こちらでは、あぐりのキャスト・草笛光子さんに関する情報をまとめています。

  • 草笛光子さんが演じる上原世津子の役柄
  • 上原世津子のモデル
  • 草笛光子さんのプロフィール(名前・生年月日・星座・血液型・出身地)
  • 出演したドラマ・映画・舞台などの情報
スポンサーリンク

草笛光子演じる上原世津子の役柄は?

 

この投稿をInstagramで見る

 

3rd-official(@3rd_official)がシェアした投稿


あぐりのキャスト・草笛光子演じる上原世津子は、喫茶店「カフェセラヴィ」のマダムです。

東京のカフェー「セ・ラ・ヴィ」の経営者で、エイスケのパトロン的存在として、若き文士たちを支えてくれる女性です。

初めて登場したのは、エイスケにハガキを送り、岡山にやってきたときです。

元は新橋の芸者をやっていたこともあり、エイスケの父・健太郎とも顔なじみで、どうにかあぐりにあわせないように画策します。

あぐりがエイスケを追って上京すると、上原世津子はあぐりの良き相談相手になります。

 

上原世津子のモデルは?

朝ドラ「あぐり」のキャスト・草笛光子さん演じる上原世津子のモデルは、今のところ見当たりません。

朝ドラ「あぐり」のオリジナルキャラクターの可能性が高いです。

草笛光子さんのプロフィール

こちらでは、あぐりのキャスト・草笛光子さんのプロフィールを紹介します。

名前草笛光子(くさぶえみつこ)血液型B型
生年月日1933年10月22日身長158cm
星座てんびん座出身地神奈川県横浜市神奈川区

上原世津子役を演じる草笛光子さんは、1993年10月22日生まれの神奈川出身で、女優さんです。

1950年に松竹歌劇団(SKD)に入団後、1953年に松竹大船、1956年に東宝に入社し、映画「純潔革命」でスクリーンデユーを果たしました。

その後、数多くの映画やドラマに出演し、ミュージカル「光の彼方」では芸術祭優秀賞を受賞したほどの実力のある女優さんです。

主な出演作としては、1978年「熱中時代」、2005年「熟年離婚」、2006年「結婚できない男」、大河ドラマでは、「八代将軍吉宗」、「利家とまつ」などが挙げられ、2021年公開予定の映画「老後の資金がありません!」にも出演しています。

舞台出身らしい切れ味の良い演技と、その中に感じさせる女らしさが絶妙のバランスを感じさせます。

結婚

プライベートでは、1960年、26歳の時に、芥川龍之介の三男である芥川也寸志氏と結婚しましたが、1年9ヶ月で離婚しています。

結婚した理由については、芥川さんのお母さんが一人で観劇され、その後、楽屋を訪ねてきた時に、結婚を勧められのがきっかけとご本人が語っています。

二人の間に子供はおあらず、離婚理由については、草笛光子さんが芥川さんの連れ子と不仲だったとされていますが、ご本人の口からではないので、明らかにされていません。

もしかしたら、女優の仕事に集中したいという気持ちがあったからかもしれませんね。

信条

草笛光子さんは今でも精力的に活動していますが、ここまで長期間に渡って活躍されている秘訣として、生き方の信条がしっかりしているからだと言えます。

その信条とは、母と誓った「キレイに生きる」ということで、その信条に沿う生き方をした結果、素晴らしい女優人生を歩んでこられたのがうかがえますね。

また、筋トレが大好きということもあり、多くの日本人の老後のあるべき理想像として、まだまだ多くの人を惹きつけてやまない女優さんです。

当時の年齢と現在の年齢は?

朝ドラ「あぐり」が放送された1997年当時の草笛光子さんの年齢は、63才です。あれから24年経っていますので、草笛光子さんの現在の年齢は、87才(2021年現在)になります。

所属事務所は?

草笛光子さんの所属事務所は、草琇舎です。

草琇舎は、草笛光子さんの個人事務所で、オスカープロモーションと業務提携しています。

これまでの出演ドラマ・映画情報

こちらは、あぐりのキャスト・草笛光子さんが、これまで出演したドラマや映画の情報です。

作品名役名概要
ドラマ
朝ドラ「繭子ひとり」加野三輪子
朝ドラ「澪つくし」吉武とね
朝ドラ「あぐり」上原世津子
朝ドラ「どんど晴れ」加賀美カツノ
朝ドラ「まれ」ロベール幸枝
大河ドラマ「元禄太平記」お伝の方
大河ドラマ「花神」野村望東尼
大河ドラマ「草燃える」丹後局
大河ドラマ「翔ぶが如く」由羅
大河ドラマ「八代将軍吉宗」近衛煕子→天英院
大河ドラマ「葵 徳川三代」北政所→高台院
大河ドラマ「利家とまつ~加賀百万石物語~」なか→大政所
大河ドラマ「天地人」トメ
大河ドラマ「八重の桜」ナレーション
大河ドラマ「真田丸」とり
悪女について烏丸瑶子
達磨大助事件帳 第25話「流転のかんざし」おこま
遠山の金さん 第1シリーズおふみ
天璋院篤姫滝山
金さんVS女ねずみ弥寿
映画
純潔革命牧原溪子
別離飯島まゆみ
哀愁日記坪内志津子
大学は出たけれど沢田時子
絵島生島宇津
ここに泉あり小野冴子
忘却の花びら一宮葵
忘却の花びら一宮葵
大当り三色娘板倉英子
大学の侍たち小柴晴美
青い山脈北原
東京の休日バレーの踊り子・F
花嫁三重奏西村照子
愛情の都森本美也子
上役・下役・ご同役池貝三千代
ぼんち幾子
夜の流れ一花
娘・妻・母谷薫(次女)
山のかなたに村田芳子
がめつい奴小山田初江
舞台
オラトリオ『火刑台上のジャンヌ・ダルク』ジャンヌ・ダルク
努力しないで出世する方法ローズマリー
ラ・マンチャの男アルドンサ
王様と私アンナ・レオノーウェンズ
シカゴロキシー・ハート
ロスト・イン・ヨンカーズ[5]ミセス・カーニッツ
ラ・カージュ・オ・フォールジャクリーヌ
6週間のダンスレッスンリリー・ハンソン
わたしの可愛いショパン~ジョルジュ・サンドの手紙から~朗読
海の風景ナンシー
りゅーとぴあ発 物語の女たちシリーズ第11弾『白い犬とワルツを~私は白い犬~』朗読
キス・ミー・ケイト
朱雀門
西鶴一代男
宮本武蔵
東西女才覚 可愛い『おとこ』
ピピン
大石内蔵助 おれの足音
和宮様御留
女たちの忠臣蔵
CM・広告
清酒大関
養命酒
ショップジャパン
ACジャパン

朝ドラ「あぐり」のキャスト一覧

こちらは、朝ドラ「あぐり」のキャスト一覧です。

「あぐり」の子役キャストを知りたい方は、「朝ドラ『あぐり』に出演する子役キャストを男の子と女の子に分けて紹介」ですべての子役キャストをまとめています。

朝ドラ「あぐり」のキャスト(出演者)一覧
出演者モデル関係・役柄
川村家
川村あぐり田中美里吉行あぐり川村家の三女
川村晃田村亮あぐりの父
川村美佐松原智恵子あぐりの母
川村紀美子白鳥夕香あぐりの長姉
川村富美子山崎宏美あぐりの次姉
川村五喜井原由希あぐりの妹
川村正彦高村祐毅あぐりの弟で末っ子
望月エイスケ野村萬斎吉行エイスケ望月家の長男
望月淳之介山田純大吉行淳之介あぐりとエイスケの長男
望月和子馬渕英里何吉行和子あぐりとエイスケの長女
望月理恵藤原まゆか吉行理恵あぐりとエイスケの次女
望月健太郎里見浩太朗エイスケの父
望月光代星由里子エイスケの母
望月勇造若林久弥エイスケの弟
佐伯苳子磯野貴理子エイスケの姉
林晃高嶋政伸辻復毎朝新聞・文化部の記者
林洋介後藤拓也林晃の息子
上原世津子草笛光子喫茶店「カフェセラヴィ」のマダム
辻村燐太郎野村宏伸エイスケの文士仲間
森潤森本レオ辻潤エイスケの文士仲間
川原甚八東根作寿英エイスケの文士仲間
高山ヒロシ秋山武史「カフェセラヴィ」のマスター
鈴音小林恵深川の芸者で、えいすけの友人
チェリー山岡名取裕子山野千枝子あぐりに美容の基礎を教える美容師
山岡真知子吉野紗香チェリー山岡の娘
山岡さち大森暁美山野千枝子の母親チェリー山岡の母親
山岡武史平松卓真チェリー山岡の息子
川田雪多田慶子チェリーの一番弟子
市川和代及森玲子チェリーの弟子
石森時子こだま愛チェリーの弟子
山本花枝洪仁順チェリーの弟子
岩崎千代子吉本多香美チェリーの弟子
沢田稔中条きよしチェリー山岡の支援者
石坂和子高橋ひとみアメリカ帰りの美容師
長堀喜美子岩本多代山岡美容院の客
中野辰子鈴木砂羽チェリーの弟子
太田とめ細川ふみえあぐりの最初の弟子
本谷冨士雄小西博之とめの幼馴染
安田沢子三浦理恵子あぐりの弟子
木村県一尾崎英二郎沢子の恋人
生田千花麻生かおりあぐりの弟子
佐藤弘子沢村亜津佐千花の後に入ったあぐりの弟子
経理課長高村尚枝光美堂の経理課長
池田諒子大路恵美淳之介の小学校時代の同級生で学校のマドンナ
岩本尚久関口知宏淳之介の親友
福沢南池内万作小学校からの淳之介の親友
小川安吉小磯勝弥諒子の幼馴染
磯部山本晋也「望月組」の幹部
伊沢妻五郎苅谷俊介「望月組」の幹部
しお梅沢昌代望月家の女中頭
かよ青木麻由子望月家の女中
アキ一色彩子望月家の女中
千吉峰野勝成「望月組」の男衆
中村民子笹峰愛あぐりの親友
山神鶴子山田邦子あぐりの担任の教師
津島佐々木功あぐりが通う岡山女子高等学校の教師
岩見伸一斉藤晴彦美佐からお金をだまし取って失踪した詐欺師
岩渕うめ菅井きんエイスケの東京での住居の隣人
岩渕春子川俣しのぶうめの嫁
平山真佐子吉行和子あぐり美容院の客
綾小路貴子西田ひかるあぐり美容院の客
大澤祥子津島恵子綾小路貴子おつきの女性
鳥海三津子林真理子あぐり美容院の客
今村つた子麻乃佳世新聞記者
佐々木尾藤イサオ墓石屋で森の友人
片桐真二郎中山仁光代のヴァイオリンの先生
緑川靖子中川安奈エイスケの死後に発覚した愛人
大徳寺喜久角替和枝隣組班長
野々村美和子床嶋佳子淳之介と尚久の下宿先の大家
三枝稔高山広諒子のバンド仲間
土屋デスク螢雪次朗社会部時代の林の上司
雪江江口由起健太郎のお気に入りの遊女
高田萠子和泉ちぬ列車の中で男に絡まれたあぐりを助けた婦人
石川あさ子大島蓉子とめの姉