『あぐり』伊沢妻五郎役は苅谷俊介!石原裕次郎とマージャンをしていた!?

NHK朝ドラ「あぐり」で、伊沢妻五郎役を演じるのは、苅谷俊介さんです。

こちらでは、あぐりのキャスト・苅谷俊介さんに関する情報をまとめています。

  • 苅谷俊介さんが演じる伊沢妻五郎の役柄
  • 伊沢妻五郎のモデル
  • 苅谷俊介さんのプロフィール(名前・生年月日・星座・血液型・出身地)
  • 出演したドラマ・映画・舞台などの情報
スポンサーリンク

苅谷俊介演じる伊沢妻五郎の役柄は?

あぐりのキャスト・苅谷俊介演じる伊沢妻五郎は、「望月組」の幹部です。

望月組では、建築現場の指揮を担当しています。

エイスケの遊郭問題のときは、「遊亀楼」への礼金を渡して欲しいと健太郎と光代から渡されるなど、望月組の中でも信頼の厚い男です。

健太郎の指示で光代を連れ戻すために上京したときは、押し売りと間違えられて大騒動になったり、森潤と賭けをして勝ったのですが、お金をもらわず逃げられてしまいます。

伊沢妻五郎のモデルは?

朝ドラ「あぐり」のキャスト・苅谷俊介さん演じる伊沢妻五郎のモデルは、今のところ見当たりません。

朝ドラ「あぐり」のオリジナルキャラクターの可能性が高いです。

苅谷俊介さんのプロフィール

こちらでは、あぐりのキャスト・苅谷俊介さんのプロフィールを紹介します。

名前苅谷俊介(かりやしゅんすけ)血液型A型
生年月日1946年11月26日身長178cm
星座いて座出身地大分県速見郡日出町

伊沢妻五郎役を演じる苅谷俊介さんは、1946年11月26日生まれの大分県出身で、株式会社土舞台所属の俳優及び考古学者です。

高校卒業後、会社員として就業するも、親への仕送りのために、お金になる仕事を探していたら、俳優の道を進むことになった人物です。

俳優として生計を立てたいがために会社を辞め、1968年に東宝芸能学校演劇科に入学します。

苦労人

ここで演劇を学ぶことからスタートし、ちゃんと稼げるようになるまで、10年近くを要したと後に述懐している苦労人です。

デビュー前に、様々なアルバイトをしていたら、日米合作作品「トラ・トラ・トラ」で助監督に携わってくれないかという誘いを受けて、これを承諾します。この助監督にて大金を人生で初めて得ることに成功しますが、お金を適切に使うことがなかったことや、家に帰った後、特にやることがなかったため、近くの競艇場でほとんどを使っていたことを、現在になって、豪快に笑って述懐している大人物です。

デビュー

1970年、先述の助監督を経て、松竹作品の「さらば掟」で映画俳優としてデビューを果たしました。

この後も、コンスタントに俳優として活動しますが、昭和の大ヒット作品である「西部警察」での出演と、石原プロダクションとの関わりが彼の人生を実りあるものにしていったと評されています。

こちらの石原プロダクションでは、渡哲也を「アニイ」と親しんで呼んでおり、渡哲也と時間が空いた時には、相撲をとっていたそうです。

他にも、河口湖の裕次郎さんの別荘にて、一升瓶をもって夜7時から朝の6時くらいまで、マージャンや、ポーカーの賭け事や、映画などについて語りあかすなど、当時の石原プロダクションが、どういった雰囲気で映画やドラマに向き合っていたのかを知っている数少ない人物となっています。

考古学

考古学はこの頃からの付き合いで、1980年に裕次郎邸の新築工事の際に、上神明遺跡の一角を使用することになり、西部警察の撮影収録後に、毎日その遺跡をみていたら、生涯学習として遺跡探索をするようになっていたという珍しい人物でもあります。

1985年には、「人は土を舞台に生きる動物」というコンセプトの下、法人を設立しており、今に至るまで俳優としてのマネジメントや、考古学などの活動記録などをHP上にて、掲載してくれています。

その古風な外見を活かして、特に時代劇での出演が多い人物で、映画「里見八犬伝」、大河ドラマ「江」など、武将としての姿がぴったりな人物となっています。

現在では、Amebaブログ「粗であり、野だが、卑ではない」を毎日更新しており、食事をアップするなど、その菜食ぶりをいかんなく発揮しています。

70歳を超えた今、こういった生き方をしている人の経験談は、今の若い人には貴重な話となると言え、ぜひ講演会などで一度はお話を聞いてみたくなる人物の1人だと言えますね。

当時の年齢と現在の年齢は?

朝ドラ「あぐり」が放送された1997年当時の苅谷俊介さんの年齢は、50才です。あれから24年経っていますので、苅谷俊介さんの現在の年齢は、74才(2021年現在)になります。

彼女は?結婚してる?

苅谷俊介さんに、現在彼女がいるのか?結婚はしているのか?について調べたところ、1969年に結婚していました。

お相手は一般の方で、名前は英子さんだけで詳しい情報は分かっていません。

所属事務所は?

苅谷俊介さんの所属事務所は、土舞台という名前の個人事務所です。

以前は、石原プロモーションや青山芸術企画に所属していましたが、奥さんが取締役を勤める個人事務所としてやっています。

これまでの出演ドラマ・映画情報

こちらは、あぐりのキャスト・苅谷俊介さんが、これまで出演したドラマや映画の情報です。

作品名役名概要
ドラマ
朝ドラ「あぐり」伊沢妻五郎
朝ドラ「純情きらり」鈴村士郎
朝ドラ「瞳」窪田児童養護職員
朝ドラ「花子とアン」山川弁護士
大河ドラマ「葵 徳川三代」加藤清正
大河ドラマ「利家とまつ~加賀百万石物語~」村井貞勝
大河ドラマ「功名が辻」林通勝
大河ドラマ「江~姫たちの戦国~」本多忠勝
大河ドラマ「おんな城主 直虎」新野左馬介
昔話法廷「白雪姫」裁判検察側証人「狩人」
スペシャルドラマ / 経世済民の男 第一部「高橋是清」友常典膳
北海道発地域ドラマ「農業女子はらぺ娘」広瀬幸雄
未解決事件File.05ロッキード事件児玉誉士夫
NHKスペシャル「ドラマ 龍馬 最後の30日」中根雪江
龍馬の遺言中根雪江
あぶない刑事 第12話「衝動」野島
痛快! 婦警候補生やるっきゃないモン!堂本源三郎
もっとあぶない刑事 第20話「迷惑」橘刑事
水戸黄門 第20部 第41話「悪を蹴散らす競べ馬 -八戸-」五郎太
江戸を斬るVIII 第6話「義賊を騙る悪い奴」守宮の丹兵衛
映画
さらば掟ニック
影狩り小六
影狩り ほえろ大砲加太三七
ゴキブリ刑事メリケンの鉄
ザ・ゴキブリ中川
ノストラダムスの大予言暴動リーダー
女必殺拳 危機一発ヘシウス
けんか空手 極真拳与那島
けんか空手 極真無頼拳門田勲
少林寺拳法松永軍次
華麗なる追跡サンダー
仁義の墓場谷口
大脱獄看守
必殺女拳士横井
性処女 ひと夏の経験看護人
新宿酔いどれ番地 人斬り鉄トラック運転手
極底探険船ポーラーボーラ原始人
最も危険な遊戯石崎
ハイティーン・ブギジムの会長
だいじょうぶマイ・フレンド白衣の男

朝ドラ「あぐり」のキャスト一覧

こちらは、朝ドラ「あぐり」のキャスト一覧です。

「あぐり」の子役キャストを知りたい方は、「朝ドラ『あぐり』に出演する子役キャストを男の子と女の子に分けて紹介」ですべての子役キャストをまとめています。

朝ドラ「あぐり」のキャスト(出演者)一覧
出演者モデル関係・役柄
川村家
川村あぐり田中美里吉行あぐり川村家の三女
川村晃田村亮あぐりの父
川村美佐松原智恵子あぐりの母
川村紀美子白鳥夕香あぐりの長姉
川村富美子山崎宏美あぐりの次姉
川村五喜井原由希あぐりの妹
川村正彦高村祐毅あぐりの弟で末っ子
望月エイスケ野村萬斎吉行エイスケ望月家の長男
望月淳之介山田純大吉行淳之介あぐりとエイスケの長男
望月和子馬渕英里何吉行和子あぐりとエイスケの長女
望月理恵藤原まゆか吉行理恵あぐりとエイスケの次女
望月健太郎里見浩太朗エイスケの父
望月光代星由里子エイスケの母
望月勇造若林久弥エイスケの弟
佐伯苳子磯野貴理子エイスケの姉
林晃高嶋政伸辻復毎朝新聞・文化部の記者
林洋介後藤拓也林晃の息子
上原世津子草笛光子喫茶店「カフェセラヴィ」のマダム
辻村燐太郎野村宏伸エイスケの文士仲間
森潤森本レオ辻潤エイスケの文士仲間
川原甚八東根作寿英エイスケの文士仲間
高山ヒロシ秋山武史「カフェセラヴィ」のマスター
鈴音小林恵深川の芸者で、えいすけの友人
チェリー山岡名取裕子山野千枝子あぐりに美容の基礎を教える美容師
山岡真知子吉野紗香チェリー山岡の娘
山岡さち大森暁美山野千枝子の母親チェリー山岡の母親
山岡武史平松卓真チェリー山岡の息子
川田雪多田慶子チェリーの一番弟子
市川和代及森玲子チェリーの弟子
石森時子こだま愛チェリーの弟子
山本花枝洪仁順チェリーの弟子
岩崎千代子吉本多香美チェリーの弟子
沢田稔中条きよしチェリー山岡の支援者
石坂和子高橋ひとみアメリカ帰りの美容師
長堀喜美子岩本多代山岡美容院の客
中野辰子鈴木砂羽チェリーの弟子
太田とめ細川ふみえあぐりの最初の弟子
本谷冨士雄小西博之とめの幼馴染
安田沢子三浦理恵子あぐりの弟子
木村県一尾崎英二郎沢子の恋人
生田千花麻生かおりあぐりの弟子
佐藤弘子沢村亜津佐千花の後に入ったあぐりの弟子
経理課長高村尚枝光美堂の経理課長
池田諒子大路恵美淳之介の小学校時代の同級生で学校のマドンナ
岩本尚久関口知宏淳之介の親友
福沢南池内万作小学校からの淳之介の親友
小川安吉小磯勝弥諒子の幼馴染
磯部山本晋也「望月組」の幹部
伊沢妻五郎苅谷俊介「望月組」の幹部
しお梅沢昌代望月家の女中頭
かよ青木麻由子望月家の女中
アキ一色彩子望月家の女中
千吉峰野勝成「望月組」の男衆
中村民子笹峰愛あぐりの親友
山神鶴子山田邦子あぐりの担任の教師
津島佐々木功あぐりが通う岡山女子高等学校の教師
岩見伸一斉藤晴彦美佐からお金をだまし取って失踪した詐欺師
岩渕うめ菅井きんエイスケの東京での住居の隣人
岩渕春子川俣しのぶうめの嫁
平山真佐子吉行和子あぐり美容院の客
綾小路貴子西田ひかるあぐり美容院の客
大澤祥子津島恵子綾小路貴子おつきの女性
鳥海三津子林真理子あぐり美容院の客
今村つた子麻乃佳世新聞記者
佐々木尾藤イサオ墓石屋で森の友人
片桐真二郎中山仁光代のヴァイオリンの先生
緑川靖子中川安奈エイスケの死後に発覚した愛人
大徳寺喜久角替和枝隣組班長
野々村美和子床嶋佳子淳之介と尚久の下宿先の大家
三枝稔高山広諒子のバンド仲間
土屋デスク螢雪次朗社会部時代の林の上司
雪江江口由起健太郎のお気に入りの遊女
高田萠子和泉ちぬ列車の中で男に絡まれたあぐりを助けた婦人
石川あさ子大島蓉子とめの姉