『あぐり』鳥海三津子役は林真理子!お見合いから4ヶ月のスピード婚!?

NHK朝ドラ「あぐり」で、鳥海三津子役を演じるのは、林真理子さんです。

こちらでは、あぐりのキャスト・林真理子さんに関する情報をまとめています。

  • 林真理子さんが演じる鳥海三津子の役柄
  • 鳥海三津子のモデル
  • 林真理子さんのプロフィール(名前・生年月日・星座・血液型・出身地)
  • 出演したドラマ・映画・舞台などの情報
スポンサーリンク

林真理子演じる鳥海三津子の役柄は?

 

この投稿をInstagramで見る

 

井上絵美(@inoue_emi_)がシェアした投稿


あぐりのキャスト・林真理子演じる鳥海三津子は、あぐり美容院の客です。

鳥海三津子のモデルは?

朝ドラ「あぐり」のキャスト・林真理子さん演じる鳥海三津子のモデルは、今のところ見当たりません。朝ドラ「あぐり」のオリジナルキャラクターの可能性が高いです。

林真理子さんのプロフィール

こちらでは、あぐりのキャスト・林真理子さんのプロフィールを紹介します。

名前林真理子(はやしまりこ)血液型
生年月日1954年4月1日身長
星座おひつじ座出身地

鳥海三津子役を演じる林真理子さんは、1954年4月1日生まれの山梨県出身で、小説家、エッセイストです。

ご自身が設立した有限会社林真理子企画事務所代表取締役でもあります。

日本大学芸術学部を卒業後は、コピーライターとして仕事に携わりました。

デビュー

その後、1982年に初エッセイ集「ルンルンを買っておうちに帰ろう」で、物書きとしてデビューを果たしました。

このデビューをきっかけに、これまで数多くの作品を世に輩出しており、主に女性目線でリアルに人間をみつめることを主眼としたストーリー展開は、多くの人を現在に至るまで魅了し続けています。

早くからその才能を開花させており、小説家としてのデビュー作、「葡萄が目にしみる」では、女子高校生の青春時代の揺れ動く心理描写を繊細に描き切り、これが多くの共感を生んだこともあり、いきなり直木賞候補になりました。

他にも、「白樺れんれん」、「本を読む女」、「最終便に間に合えば」、「京都まで」、「下流の宴」など、世に出す作品のジャンルは、歴史物、恋愛物、時事など、共感を生み出しやすいテーマを扱っており、多くの読者に支持されるという特徴も併せ持っています。

多くの実績から文芸界への貢献も公的に認められており、2018年には紫綬褒章を受章し、名実ともに日本を代表する文豪と評されています。

2021年春には、原作作品である「最高のオバハン 中島ハルコ」が大地真央主演で実写ドラマ化される予定となっています。

まだまだ、数多くの作品を世に輩出し、芸能界や文学界の発展に寄与してほしいと応援したくなる人物の1人だと言えますね。

当時の年齢と現在の年齢は?

朝ドラ「あぐり」が放送された1997年当時の林真理子さんの年齢は、42才です。あれから24年経っていますので、林真理子さんの現在の年齢は、66才(2021年現在)になります。

彼氏は?結婚してる?

林真理子さんに、現在彼氏がいるのか?結婚はしているのか?について調べたところ、36歳の時には、お見合い結婚をしていました。

しかもお見合いからたった4ヶ月のスピード婚。

その後、不妊治療に専念し、44歳の時に見事第一子を授かります。

このように、子育てと仕事を両立させているため、多忙を極めていますが、2018年にドラマ化された大河「西郷どん」を作成するなど、優れた作品を世に輩出し続けてくれています。

朝ドラ「あぐり」のキャスト一覧

こちらは、朝ドラ「あぐり」のキャスト一覧です。

「あぐり」の子役キャストを知りたい方は、「朝ドラ『あぐり』に出演する子役キャストを男の子と女の子に分けて紹介」ですべての子役キャストをまとめています。

朝ドラ「あぐり」のキャスト(出演者)一覧
出演者モデル関係・役柄
川村家
川村あぐり田中美里吉行あぐり川村家の三女
川村晃田村亮あぐりの父
川村美佐松原智恵子あぐりの母
川村紀美子白鳥夕香あぐりの長姉
川村富美子山崎宏美あぐりの次姉
川村五喜井原由希あぐりの妹
川村正彦高村祐毅あぐりの弟で末っ子
望月エイスケ野村萬斎吉行エイスケ望月家の長男
望月淳之介山田純大吉行淳之介あぐりとエイスケの長男
望月和子馬渕英里何吉行和子あぐりとエイスケの長女
望月理恵藤原まゆか吉行理恵あぐりとエイスケの次女
望月健太郎里見浩太朗エイスケの父
望月光代星由里子エイスケの母
望月勇造若林久弥エイスケの弟
佐伯苳子磯野貴理子エイスケの姉
林晃高嶋政伸辻復毎朝新聞・文化部の記者
林洋介後藤拓也林晃の息子
上原世津子草笛光子喫茶店「カフェセラヴィ」のマダム
辻村燐太郎野村宏伸エイスケの文士仲間
森潤森本レオ辻潤エイスケの文士仲間
川原甚八東根作寿英エイスケの文士仲間
高山ヒロシ秋山武史「カフェセラヴィ」のマスター
鈴音小林恵深川の芸者で、えいすけの友人
チェリー山岡名取裕子山野千枝子あぐりに美容の基礎を教える美容師
山岡真知子吉野紗香チェリー山岡の娘
山岡さち大森暁美山野千枝子の母親チェリー山岡の母親
山岡武史平松卓真チェリー山岡の息子
川田雪多田慶子チェリーの一番弟子
市川和代及森玲子チェリーの弟子
石森時子こだま愛チェリーの弟子
山本花枝洪仁順チェリーの弟子
岩崎千代子吉本多香美チェリーの弟子
沢田稔中条きよしチェリー山岡の支援者
石坂和子高橋ひとみアメリカ帰りの美容師
長堀喜美子岩本多代山岡美容院の客
中野辰子鈴木砂羽チェリーの弟子
太田とめ細川ふみえあぐりの最初の弟子
本谷冨士雄小西博之とめの幼馴染
安田沢子三浦理恵子あぐりの弟子
木村県一尾崎英二郎沢子の恋人
生田千花麻生かおりあぐりの弟子
佐藤弘子沢村亜津佐千花の後に入ったあぐりの弟子
経理課長高村尚枝光美堂の経理課長
池田諒子大路恵美淳之介の小学校時代の同級生で学校のマドンナ
岩本尚久関口知宏淳之介の親友
福沢南池内万作小学校からの淳之介の親友
小川安吉小磯勝弥諒子の幼馴染
磯部山本晋也「望月組」の幹部
伊沢妻五郎苅谷俊介「望月組」の幹部
しお梅沢昌代望月家の女中頭
かよ青木麻由子望月家の女中
アキ一色彩子望月家の女中
千吉峰野勝成「望月組」の男衆
中村民子笹峰愛あぐりの親友
山神鶴子山田邦子あぐりの担任の教師
津島佐々木功あぐりが通う岡山女子高等学校の教師
岩見伸一斉藤晴彦美佐からお金をだまし取って失踪した詐欺師
岩渕うめ菅井きんエイスケの東京での住居の隣人
岩渕春子川俣しのぶうめの嫁
平山真佐子吉行和子あぐり美容院の客
綾小路貴子西田ひかるあぐり美容院の客
大澤祥子津島恵子綾小路貴子おつきの女性
鳥海三津子林真理子あぐり美容院の客
今村つた子麻乃佳世新聞記者
佐々木尾藤イサオ墓石屋で森の友人
片桐真二郎中山仁光代のヴァイオリンの先生
緑川靖子中川安奈エイスケの死後に発覚した愛人
大徳寺喜久角替和枝隣組班長
野々村美和子床嶋佳子淳之介と尚久の下宿先の大家
三枝稔高山広諒子のバンド仲間
土屋デスク螢雪次朗社会部時代の林の上司
雪江江口由起健太郎のお気に入りの遊女
高田萠子和泉ちぬ列車の中で男に絡まれたあぐりを助けた婦人
石川あさ子大島蓉子とめの姉