『あぐり』岩淵うめ役は菅井きん!煙草命のヘビースモーカーだった!?

NHK朝ドラ「あぐり」で、岩淵うめ役を演じるのは、菅井きんさんです。

こちらでは、あぐりのキャスト・菅井きんさんに関する情報をまとめています。

  • 菅井きんさんが演じる岩淵うめの役柄
  • 岩淵うめのモデル
  • 菅井きんさんのプロフィール(名前・生年月日・星座・血液型・出身地)
  • 出演したドラマ・映画・舞台などの情報
スポンサーリンク

菅井きん演じる岩淵うめの役柄は?


あぐりのキャスト・菅井きん演じる岩淵うめは、エイスケの東京での住居の隣人です。

初めて登場したときは、あぐりが東京にやってきたときで、エイスケの部屋を掃除しようと、ぐちゃぐちゃの紙を庭で燃やしているときでした。

岩渕うめがいつも焚き火をするときは、その前に一言いってからやれ!といいますが、前来た人とは人違いと分かると、態度を一変。

話をしていて、あぐりがエイスケの嫁ですと答えると、来る人皆そういうと笑いこけますが、本当にエイスケの嫁と分かると、びっくした顔をします。

性格は、典型的な下町気質で、その一件依頼、あぐりによくしてくれて、ちょくちょく覗き見しては世話を焼きます。

岩淵うめのモデルは?

朝ドラ「あぐり」のキャスト・菅井きんさん演じる岩淵うめのモデルは、今のところ見当たりません。朝ドラ「あぐり」のオリジナルキャラクターの可能性が高いです。

菅井きんさんのプロフィール

こちらでは、あぐりのキャスト・菅井きんさんのプロフィールを紹介します。

名前菅井きん(すがいきん)血液型B型
生年月日1926年2月28日身長155cm
星座うお座出身地東京都新宿区

岩渕うめ役を演じる菅井きんさんは、1926年2月28日生まれ(2018年8月10日没)の東京都出身で、株式会社仕事所属の女優さんでした。

戦時中は、文科省の職員を務めた後、1946年に東京芸術劇場研究所に入所し、その後、俳優座に移り女優として、その才能を開花させていった珍しい人物です。

彼女の演技は、「必殺シリーズ」を中心に、味のある脇役としての評価が高く、結果として、映画、ドラマを中心に、日本の文化を下支えしたと言える程の人物と評されています。

彼女の実力は折り紙付きと言え、1985年映画化された「必殺」と、故伊丹十三監督の「お葬式」の2作品で、日本アカデミー賞最優秀助演女優賞を受賞しました。

その後も1990年に紫綬褒賞、1996年に勲四等宝冠章を受章しており、公にもその功績が認められた稀有な女優です。

プライベード

ここまでの功績を残した人物のため、崇高なイメージを持ちがちですが、プライベートの彼女は、女優として演じる姿とは全く違った姿をみせてくれています。

女優で友人の中村メイコによると、「プライベートは派手」だったそうで、真っ赤なスポーツカーをすっ飛ばしていた姿が印象に残っており、サバサバしてて、決しておしゃべりでなく、素敵な方だったと評しています。

また、娘さんによると、2010年に大腿骨を骨折したため、病院に行った際に、医師から「リハビリで歩く練習をしましょう」と勧められるも、「必要ないわよ」とこれを一蹴したそうです。

このように、自分で判断して、必要ないことや、面倒くさいことが嫌いなのも垣間見れる人物です。

また、血管が悪くなるのにも関わらず、亡くなる2週間程前まで、1日1カートンは喫煙していたことも、彼女の世間の常識に縛られないで生きる、自由な姿が印象的な人物と言えるでしょう。

父親の猛反対

このように実は豪快なイメージが強い人物ですが、先述の通り、文科省の職員から女優に転身した際には、父親から猛反対を受けていたとされています。

これを押し切って、女優になったわけですが、父親との確執は解消されないまま、彼女の舞台の活躍をみることなく、1971年に他界してしまっています。

このため、最後まで自分の生き方に沿って、結果をキチンと残した彼女を、父親は天国でしっかりと褒めてくれていると願いたくなる人物の1人と言えますね。

当時の年齢は?

朝ドラ「あぐり」が放送された1997年当時の菅井きんさんの年齢は、71才です。

あれから24年経っていますが、3年前の2018年8月10日に92歳で亡くなっています。

これまでの出演ドラマ・映画情報

こちらは、あぐりのキャスト・菅井きんさんが、これまで出演したドラマや映画の情報です。

作品名役名概要
ドラマ
朝ドラ「私の青空」飛田トメ
朝ドラ「ファイト」平田ふみ
朝ドラ「瞳」横山ウメ
朝ドラ「あぐり」岩渕うめ
大河ドラマ「竜馬がゆく」おやべ婆やん
大河ドラマ「元禄太平記」お兼
大河ドラマ「いのち」岩田テル
大河ドラマ「功名が辻」大政所
大河ドラマ「龍馬伝」武市智
海猿~うみざる有馬久枝
御宿かわせみ 第二章およね
ジャッジ ~島の裁判官奮闘記~島谷マツ
日曜はダメよ (テレビドラマ)神崎ミキ
家なき子田畑光江
STATION梶山治子
ナースマン小田切トメ
仔犬のワルツ中村フミヨ
ミス・マープルシリーズ佐伯知子
月曜ドラマスペシャル / 忠治旅日記おくま
天下を獲った男 豊臣秀吉大政所
映画
喜劇 駅前温泉万引きする母
二人で歩いた幾春秋望月の妻
天国と地獄麻薬患者
白と黒女中・キヨ
下町の太陽のぶ江
秘剣ふみ
女の歴史増田つね(信子の母)
われ一粒の麦なれど妻節子
風と樹と空と沢田たま子
怪談村の女一
赤ひげ長次の母
けものみちおせき
恐山の女母キクノ
「エロ事師たち」より 人類学入門小田先生
四つの終止符田辺ウメ
不信のとき山川附添婦
みな殺しの霊歌毛利美佐
肉弾軍曹のおかみさん
野獣都市女中
無常老婆
舞台
幽霊はここにいる市民A
CM・広告
永谷園 「即席みそ汁」
藤商店 「からし酢みそ」「鍋のつゆ」
ヤクルト化粧品 「パラビオ」
白元 「パラハーブ1/3」
資生堂 「uno FOG BAR」
日本テレビ「すごいきん
フェザー「フェザー・スパット」

朝ドラ「あぐり」のキャスト一覧

こちらは、朝ドラ「あぐり」のキャスト一覧です。

「あぐり」の子役キャストを知りたい方は、「朝ドラ『あぐり』に出演する子役キャストを男の子と女の子に分けて紹介」ですべての子役キャストをまとめています。

朝ドラ「あぐり」のキャスト(出演者)一覧
出演者モデル関係・役柄
川村家
川村あぐり田中美里吉行あぐり川村家の三女
川村晃田村亮あぐりの父
川村美佐松原智恵子あぐりの母
川村紀美子白鳥夕香あぐりの長姉
川村富美子山崎宏美あぐりの次姉
川村五喜井原由希あぐりの妹
川村正彦高村祐毅あぐりの弟で末っ子
望月エイスケ野村萬斎吉行エイスケ望月家の長男
望月淳之介山田純大吉行淳之介あぐりとエイスケの長男
望月和子馬渕英里何吉行和子あぐりとエイスケの長女
望月理恵藤原まゆか吉行理恵あぐりとエイスケの次女
望月健太郎里見浩太朗エイスケの父
望月光代星由里子エイスケの母
望月勇造若林久弥エイスケの弟
佐伯苳子磯野貴理子エイスケの姉
林晃高嶋政伸辻復毎朝新聞・文化部の記者
林洋介後藤拓也林晃の息子
上原世津子草笛光子喫茶店「カフェセラヴィ」のマダム
辻村燐太郎野村宏伸エイスケの文士仲間
森潤森本レオ辻潤エイスケの文士仲間
川原甚八東根作寿英エイスケの文士仲間
高山ヒロシ秋山武史「カフェセラヴィ」のマスター
鈴音小林恵深川の芸者で、えいすけの友人
チェリー山岡名取裕子山野千枝子あぐりに美容の基礎を教える美容師
山岡真知子吉野紗香チェリー山岡の娘
山岡さち大森暁美山野千枝子の母親チェリー山岡の母親
山岡武史平松卓真チェリー山岡の息子
川田雪多田慶子チェリーの一番弟子
市川和代及森玲子チェリーの弟子
石森時子こだま愛チェリーの弟子
山本花枝洪仁順チェリーの弟子
岩崎千代子吉本多香美チェリーの弟子
沢田稔中条きよしチェリー山岡の支援者
石坂和子高橋ひとみアメリカ帰りの美容師
長堀喜美子岩本多代山岡美容院の客
中野辰子鈴木砂羽チェリーの弟子
太田とめ細川ふみえあぐりの最初の弟子
本谷冨士雄小西博之とめの幼馴染
安田沢子三浦理恵子あぐりの弟子
木村県一尾崎英二郎沢子の恋人
生田千花麻生かおりあぐりの弟子
佐藤弘子沢村亜津佐千花の後に入ったあぐりの弟子
経理課長高村尚枝光美堂の経理課長
池田諒子大路恵美淳之介の小学校時代の同級生で学校のマドンナ
岩本尚久関口知宏淳之介の親友
福沢南池内万作小学校からの淳之介の親友
小川安吉小磯勝弥諒子の幼馴染
磯部山本晋也「望月組」の幹部
伊沢妻五郎苅谷俊介「望月組」の幹部
しお梅沢昌代望月家の女中頭
かよ青木麻由子望月家の女中
アキ一色彩子望月家の女中
千吉峰野勝成「望月組」の男衆
中村民子笹峰愛あぐりの親友
山神鶴子山田邦子あぐりの担任の教師
津島佐々木功あぐりが通う岡山女子高等学校の教師
岩見伸一斉藤晴彦美佐からお金をだまし取って失踪した詐欺師
岩渕うめ菅井きんエイスケの東京での住居の隣人
岩渕春子川俣しのぶうめの嫁
平山真佐子吉行和子あぐり美容院の客
綾小路貴子西田ひかるあぐり美容院の客
大澤祥子津島恵子綾小路貴子おつきの女性
鳥海三津子林真理子あぐり美容院の客
今村つた子麻乃佳世新聞記者
佐々木尾藤イサオ墓石屋で森の友人
片桐真二郎中山仁光代のヴァイオリンの先生
緑川靖子中川安奈エイスケの死後に発覚した愛人
大徳寺喜久角替和枝隣組班長
野々村美和子床嶋佳子淳之介と尚久の下宿先の大家
三枝稔高山広諒子のバンド仲間
土屋デスク螢雪次朗社会部時代の林の上司
雪江江口由起健太郎のお気に入りの遊女
高田萠子和泉ちぬ列車の中で男に絡まれたあぐりを助けた婦人
石川あさ子大島蓉子とめの姉