花子とアン第16話のネタバレあらすじ!里帰り

こちらでは、朝ドラ「花子とアン」3週目第16話のあらすじのネタバレや、花子とアンと原作の比較、感想をまとめています。

花子とアンの第15話「大掃除の刑」では、門限に遅れてしまったはなは、罰として学校中の大掃除を命じられるストーリーでした。

花子とアンの第16話「里帰り」では、校長の計らいで甲府へ里帰りしたはなだったが、兄妹たちとの距離を感じてしまうストーリーとなっています。

朝ドラ『花子とアン』
2014年4月17日(木)放送
第4週サブタイトル『初恋パルピテーション!』

花子とアンの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「花子とアン」を見逃した方は、「花子とアン(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)
スポンサーリンク

朝ドラ『花子とアン』第16話のネタバレあらすじ

ここからは、4月17日に放送された朝ドラ「花子とアン」第16話のあらすじをまとめたネタバレです。

花子とアン16話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

帰郷

ブラックバーン校長の計らいで、5年ぶりに甲府へ里帰りすることになったはな。

家に帰る道で、ばったり朝市とすれ違うが、お互い相手が誰か気づかずにやりすごす。

すると、朝市がまさかと思い、振りかえり声をかけると、その相手がはなだったのだ。

驚いた朝市は、無言で、はなの鞄を持ち、一緒に安東家へと向かった。

安東家

家に帰り着くと、はなの変わりように、皆びっくりする。

ただ、吉平だけはいつものようにグッドアフタヌーンと陽気に接した。

その夜、安東家では、はなのためにふじが駆け回って手に入れて食材を使い、ご馳走を振舞う。

吉太郎が、学校で毎日ご馳走を食べているから口に合わないだろうというと、はなはふじの料理は日本一だと笑顔で返した。

吉平が贅沢な食事をさせてもらっている代わりにずっと勉強をしていると話すが、かよは、まるで違う世界の話だと口にした。

進学

夕食を食べ終わり、部屋で話をする三姉妹。

はなが上の学校へ進学しないのか?とかなに尋ねると、勉強なんか嫁に行くのに邪魔なだけだと、吉太郎に言われたことを話す。

はなは、かよに給費生として女学校に編入したらどうかと勧めと、かよは笑いながら、呑気でいいなと答え、部屋からでていった。

その頃、ふじは、吉平に、はなの事ばかりでなく、他の子供らの気持ちも考えてやって欲しいと訴える。

朝市と遭遇

翌朝、川へ水を汲みに出掛けたはなは、朝市と遭遇する。

昨晩のことを朝市に話すと、朝市は、なにもわかってないと憤りを感じる。

そして、かよに口止めされていた製糸工場の女工になる話をした。

ここまでが、4月17日に放送された朝ドラ「花子とアン」第16話のあらすじのネタバレです。

花子とアン第17話のあらすじを知りたい方は、第17話『家族の応援』へ読み進めてください。

朝ドラ「花子とアン」第16話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「花子とアン」第16話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

花子とアン16話の感想

放送終了次第、すぐに感想をまとめますので、しばらくお待ちください!

以上が、朝ドラ「花子とアン」第3週目第16話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。。