花子とアン第18話のネタバレあらすじ!北澤の告白

こちらでは、朝ドラ「花子とアン」3週目第18話のあらすじのネタバレや、花子とアンと原作の比較、感想をまとめています。

花子とアンの第17話「家族の応援」では、かよが働きに行くことを知ったはなは家族のために働き口を見つけようとするが、逆に家族から応援され、東京へ戻るストーリーでした。

花子とアンの第18話「北澤の告白」では、奉仕活動の日に、北澤から結婚を前提としたお付き合いしてほしいと告白されるストーリーとなっています。

朝ドラ『花子とアン』
2014年4月19日(土)放送
第3週サブタイトル『初恋パルピテーション!』

花子とアンの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「花子とアン」を見逃した方は、「花子とアン(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)
スポンサーリンク

朝ドラ『花子とアン』第18話のネタバレあらすじ

ここからは、4月19日に放送された朝ドラ「花子とアン」第18話のあらすじをまとめたネタバレです。

花子とアン18話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

 

甲府から戻った花子は、留守中に届いていた年賀状を白鳥かをる子(近藤春菜)から受け取った。
その年賀状は北澤(加藤慶祐)からのものだったが、「恭賀新年」の部分しか読めなかった。白鳥が不適切な文章だったからと全て塗りつぶしていたからである。
白鳥は人の恋路の邪魔ばかりする人物だといえる。
修和女学校では縁談がきたら結婚することが多く、退学は珍しいことではない。
醍醐から聞いた話では、16歳〜17歳までしかいい縁談は来ない。20歳までに結婚しなければ、条件は悪くなる一方なのだ。
新学期が始まると、母のふじ(室井滋)から葉書が届きかよが元気に働いていることがわかった。朝市からの報告は本を読んでいるということ。
夜になると、はなは北澤からの葉書を見つめた。北澤のことを思うと眠れなかったのである。
はなは孤児院で子供達と遊んでいる途中北澤に呼ばれ、帰国するミニーに別れの挨拶をすることになった。

その後、はなは北澤と帰り道を歩いていた。
年賀状のことを聞かれ正直に話すと、北澤は困った顔をしたのである。北澤は年賀状に書いたことを話し、こうプロポーズしたのだ。

「はなこさん。僕はあなたが好きです。結婚を前提としたお付き合いをお願いしたいと思っています」
はなは自分の家族のことを打ち明け、その場を去った。16歳の冬のことである。

 

ここまでが、4月19日に放送された朝ドラ「花子とアン」第18話のあらすじのネタバレです。

花子とアン第19話のあらすじを知りたい方は、第19話『蓮子の編入』へ読み進めてください。

朝ドラ「花子とアン」第18話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「花子とアン」第18話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

花子とアン18話の感想

放送終了次第、すぐに感想をまとめますので、しばらくお待ちください!

以上が、朝ドラ「花子とアン」第3週目第18話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。