花子とアン第23話のネタバレあらすじ!蓮子に激怒

こちらでは、朝ドラ「花子とアン」4週目第23話のあらすじのネタバレや、花子とアンと原作の比較、感想をまとめています。

花子とアンの第22話「吉平の謝罪」では、吉平が初めてはなに手を上げ、ブラックバーン校長に謝罪するストーリーでした。

花子とアンの第23話「蓮子に激怒」では、はなが蓮子に激怒し、葡萄酒だと知って飲んでいないことを釈明するよう訴えるストーリーとなっています。

朝ドラ『花子とアン』
2014年4月25日(金)放送
第5週サブタイトル『嵐を呼ぶ編入生』

花子とアンの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「花子とアン」を見逃した方は、「花子とアン(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)
スポンサーリンク

朝ドラ『花子とアン』第23話のネタバレあらすじ

ここからは、4月25日に放送された朝ドラ「花子とアン」第23話のあらすじをまとめたネタバレです。

花子とアン23話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

 

はなは蓮子(仲間由紀恵)と話をしようと部屋に入ったが唖然とした。

はなが謹慎になったから蓮子の部屋を片付ける者がいなくなり、散らかり放題だったのだ。
これでは落ち着いて話ができないとはなは部屋の掃除を始める。はなが掃除している時も2人はぶつかり合っていた。
そして、はなは本題に入った。

自分がここを退学になったら、一生懸命支えてくれた家族に申し訳ないという気持ちを伝える。
そして、本当に葡萄酒のことを知らず薬だと思って飲んだことを校長先生に正直に話して欲しいと頼んだのである。
蓮子は「家族ってそんなに大切なものなの?」と聞いた後に、はなの年齢を尋ねた。

はなが16だと答えると、その年なら何度でもやり直せると告げた。
はなと蓮子では住む世界が違い、まるで話にならなかったのだ。
はなを探していた醍醐たちが蓮子の部屋にやってきたので、はなは自室に戻ることにした。
そこに白鳥かをる子がやってきて、はなの退学が決まったわけでもないのに別れを惜しんでいった。
はなが校長室に呼び出されたと知ると、蓮子は校長室に向かいいきなり扉を開けたのだ。

そして「葡萄酒を飲ませたのは私です!退学の罰ならわたくしが受けます」と告げたのであった。

 

 

 

 

ここまでが、4月25日に放送された朝ドラ「花子とアン」第23話のあらすじのネタバレです。

花子とアン第24話のあらすじを知りたい方は、第24話『退学を免れる』へ読み進めてください。

朝ドラ「花子とアン」第23話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「花子とアン」第23話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

花子とアン23話の感想

放送終了次第、すぐに感想をまとめますので、しばらくお待ちください!

以上が、朝ドラ「花子とアン」第4週目第23話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。