花子とアン第24話のネタバレあらすじ!退学を免れる

こちらでは、朝ドラ「花子とアン」4週目第24話のあらすじのネタバレや、花子とアンと原作の比較、感想をまとめています。

花子とアンの第23話「蓮子に激怒」では、はなが蓮子に激怒し、葡萄酒だと知って飲んでいないことを釈明するよう訴えるストーリーでした。

花子とアンの第24話「退学を免れる」では、蓮子が自分がお酒を飲ませたと告白し、はなが退学を免れるストーリーとなっています。

朝ドラ『花子とアン』
2014年4月26日(土)放送
第4週サブタイトル『嵐を呼ぶ編入生』

花子とアンの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「花子とアン」を見逃した方は、「花子とアン(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)
スポンサーリンク

朝ドラ『花子とアン』第24話のネタバレあらすじ

ここからは、4月26日に放送された朝ドラ「花子とアン」第24話のあらすじをまとめたネタバレです。

花子とアン24話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

 

校長室にあらわれた蓮子(仲間由紀恵)は、こう告げた。

「ブラックバーン校長、安東はなさんに、お酒を飲ませたのは私です。

どうぞ、わたくしを退学させて下さい」そんな蓮子に先生たちは「今日、本当の事を言いに来たのは何故ですか?」と尋ねる。

蓮子は「別に理由などございません。いずれにしろ私は退学になるんですから、もういいじゃないですか~」と投げやりな態度だった。
しかし、ブラックバーン校長は2人とも退学にしないと告げた。

さらに、退学にしない条件として今日から特別扱いをしないから集団生活のルールを守るようにと蓮子に告げる。
はなは、蓮子が正直に話してくれたのでお礼をいった。

すると、蓮子ははなの英語の実力に驚いたことと、正直に話したのははなの為ではないと告げる。

蓮子は自分を厄介払いしたがる家族に復習しようと退学になりたかったのだ。
はなは教室に戻り、蓮子のおかげで退学にならなかったことを伝えると醍醐たちは喜んだ。
そして、醍醐から蓮子は一度嫁いだが揉め事を起こして離縁したことを聞く。
その日の夕食時、蓮子は初めて食堂に行った。

蓮子は1人で離れた席に座ったが、白鳥が食事を運ぶんでくれたので「ありがとう」とお礼をいった。
このことがきっかけになり、はなと蓮子の距離は縮まるのであった。

 

ここまでが、4月26日に放送された朝ドラ「花子とアン」第24話のあらすじのネタバレです。

花子とアン第25話のあらすじを知りたい方は、第25話『大文学会の演目』へ読み進めてください。

朝ドラ「花子とアン」第24話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「花子とアン」第24話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

花子とアン24話の感想

放送終了次第、すぐに感想をまとめますので、しばらくお待ちください!

以上が、朝ドラ「花子とアン」第4週目第24話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。