花子とアン第25話のネタバレあらすじ!大文学会の演目

こちらでは、朝ドラ「花子とアン」5週目第25話のあらすじのネタバレや、花子とアンと原作の比較、感想をまとめています。

花子とアンの第24話「退学を免れる」では、蓮子が自分がお酒を飲ませたと告白し、はなが退学を免れるストーリーでした。

花子とアンの第25話「大文学会の演目」では、大文学会の演目で「ロミオとジュリエット」を生徒達が提案するが、畠山先生から拒否されるもものブラックバーン校長が許可するストーリーとなっています。

朝ドラ『花子とアン』
2014年4月28日(月)放送
第6週サブタイトル『波乱の大文学会』

花子とアンの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「花子とアン」を見逃した方は、「花子とアン(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)
スポンサーリンク

朝ドラ『花子とアン』第25話のネタバレあらすじ

ここからは、4月28日に放送された朝ドラ「花子とアン」第25話のあらすじをまとめたネタバレです。

花子とアン25話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

明治42年(1909年)4月、修和女学校では年に一度の大イベントである大文学会が近づいて
いた。大文学会では演劇があり、良家のご両親やご子息のお嫁さんを探すために人が大勢や
ってくる。
生徒たちは意気込んでいたが、はなだけは違った。はなには衣装を作るお金がなければ、家
族が見に来るわけでもなかったのだ。
醍醐は、はなと蓮子が図書館で話しているところを見つけてはなに声をかけた。醍醐は蓮子
をトラブルメーカーだと思いはなと関わらせないようにしていたのである。
醍醐とはなが談話室へ行くと、生徒たちは演目の相談をしていた。そこで、ロミオとジュリ
エットをやることが決定する。はなはロミオとジュリエットの翻訳と脚本を書くように頼ま
れ戸惑っていた。
教室では大文学校の演目がロミオとジュリエットに決まったことが発表されたが、富山に反
対される。
生徒たちが諦めきれず頼んでいると、そこにブラックバーン校長(トーディ・クラーク)が
あらわれた。ブラックバーン校長は富山に生徒達の意思を尊重するようにといい、ロミオと
ジュリエットが認められたのである。
そして、配役はジュリエット役が醍醐に決まり、ロミオ役は蓮子に決まった。縁談に響く可
能性があるロミオ役を蓮子がやると言い出した時は教室でざわめきが起こったのだった。

 

 

 

ここまでが、4月28日に放送された朝ドラ「花子とアン」第25話のあらすじのネタバレです。

花子とアン第26話のあらすじを知りたい方は、第26話『蓮子の立候補』へ読み進めてください。

朝ドラ「花子とアン」第25話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「花子とアン」第25話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

花子とアン25話の感想

放送終了次第、すぐに感想をまとめますので、しばらくお待ちください!

以上が、朝ドラ「花子とアン」第5週目第25話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。