花子とアン第22話のネタバレあらすじ!吉平の謝罪

こちらでは、朝ドラ「花子とアン」4週目第22話のあらすじのネタバレや、花子とアンと原作の比較、感想をまとめています。

花子とアンの第21話「ワイン泥酔事件」では、蓮子に騙されて葡萄酒を飲んだはなが、泥酔して問題になるストーリーでした。

花子とアンの第22話「吉平の謝罪」では、吉平が初めてはなに手を上げ、ブラックバーン校長に謝罪するストーリーとなっています。

朝ドラ『花子とアン』
2014年4月24日(木)放送
第5週サブタイトル『嵐を呼ぶ編入生』

花子とアンの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「花子とアン」を見逃した方は、「花子とアン(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)
スポンサーリンク

朝ドラ『花子とアン』第22話のネタバレあらすじ

ここからは、4月24日に放送された朝ドラ「花子とアン」第22話のあらすじをまとめたネタバレです。

花子とアン22話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

はなと吉平 (伊原剛志)の様子を隠れて見ていた醍醐(高梨臨)は、ブラックバーン校長(トーディ・クラーク)に知らせに行く。
吉平ははなを校長室に連れていこうと廊下に出たところで、ブラックバーン校長や先生たちと出会った。

先生たちは状況を確認し、吉平に今は冷静に話せる状態ではないから帰るよう
にと説得する。
しかし、吉平は引き下がらず土下座をし謝罪をした。それに続きはなも土下座をする。吉平は何度も謝罪を続けたが、先生たちに説得され帰ったのであった。
蓮子は授業が始まっても中庭のベンチに座ったまま何かを考えていた。そこに先生があらわれ、兄が来たことを知らされる。
蓮子の兄の葉山晶貴は、校長室で妹がしたことを聞かされ謝罪していた。そこにやってきた蓮子に、晶貴は兄弟とは思えない言葉を投げかける。
晶貴は先生たちにこれからも蓮子をよろしくお願いしますと頭を下げ寄付金を渡した。

ブラックバーン校長は、高額すぎる寄付金を受け取れないと断る。

晶貴は帰り際に寄付金を蓮子に渡し、二度と家に戻ってくるなと告げたのであった。
謹慎中のはなは、茂木から葉書を受け取った。妹からの葉書には、毎日頑張って働いている様子やはなの学校生活の話を聞きたいなどいろいろなことが書かれていたのである。
かよからの手紙を読んだはなは、このまま退学になってたまるかと強く思う。そして、蓮子の部屋に向かい「お話があります」と告げた。

 

 

 

 

 

ここまでが、4月24日に放送された朝ドラ「花子とアン」第22話のあらすじのネタバレです。

花子とアン第23話のあらすじを知りたい方は、第23話『蓮子に激怒』へ読み進めてください。

朝ドラ「花子とアン」第22話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「花子とアン」第22話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

花子とアン22話の感想

放送終了次第、すぐに感想をまとめますので、しばらくお待ちください!

以上が、朝ドラ「花子とアン」第4週目第22話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。