花子とアン第21話のネタバレあらすじ!ワイン泥酔事件

こちらでは、朝ドラ「花子とアン」4週目第21話のあらすじのネタバレや、花子とアンと原作の比較、感想をまとめています。

花子とアンの第20話「蓮子の世話係」では、はなが蓮子の希望で、お世話係に任命されるストーリーでした。

花子とアンの第21話「ワイン泥酔事件」では、蓮子に騙されて葡萄酒を飲んだはなが、泥酔して問題になるストーリーとなっています。

朝ドラ『花子とアン』
2014年4月23日(水)放送
第5週サブタイトル『嵐を呼ぶ編入生』

花子とアンの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「花子とアン」を見逃した方は、「花子とアン(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)
スポンサーリンク

朝ドラ『花子とアン』第21話のネタバレあらすじ

ここからは、4月23日に放送された朝ドラ「花子とアン」第21話のあらすじをまとめたネタバレです。

花子とアン21話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

酔っ払ったはな(吉高由里子)は、中庭に移動し先生や生徒たちの前で歌いだしたが、その後倒れ運ばれることになる。
はなを酔わせた蓮子(仲間由紀恵)は、自分は関係ないとばかりと部屋に戻ったのだった。
次の日校長室で目覚めたはなは、先生たちに囲まれていた。
ブラックバーン校長(トーディ・クラーク)から昨日のことを聞かれると、はなは正直に話し始めた。
話を聞いたブラックバーン校長は蓮子を呼び出して話を聞き始める。

しかし、蓮子はブラックバーン校長に葡萄酒を薬と勘違いしてはなが勝手に飲んだのだとウソをついた。
それを聞いたブラックバーン校長は、2人に罰を言い渡したのである。
その日の英語の授業では、はなたちの噂で持ち切りだった。醍醐(高梨臨)が、富山にはなの処分のことを聞くと「退学は免れないでしょう」といわれたのだ。
はなのことが心配なクラスメイトたちは、蓮子に「どうか事実を話してはなさんを助けて下さい」と頼んだが、「私には関わりない」と蓮子は冷たく返す。
その頃、父の吉平 (伊原剛志)は、今だに社会主義運動を続けていて、東京で本を売っていた。
吉平は饅頭屋のおっさんから、はなの飲酒事件を聞きつけ修和女学校へと向かう。
吉平は面会室ではいつもの挨拶をせず、はなの頬に平手打ちをした後、涙を流した。はなは、「私、みんなの希望の星になれなかった」と落ち込むのであった。

 

 

 

ここまでが、4月23日に放送された朝ドラ「花子とアン」第21話のあらすじのネタバレです。

花子とアン第22話のあらすじを知りたい方は、第22話『吉平の謝罪』へ読み進めてください。

朝ドラ「花子とアン」第21話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「花子とアン」第21話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

花子とアン21話の感想

放送終了次第、すぐに感想をまとめますので、しばらくお待ちください!

以上が、朝ドラ「花子とアン」第4週目第21話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。