花子とアン第30話のネタバレあらすじ!公演の成功

こちらでは、朝ドラ「花子とアン」5週目第30話のあらすじのネタバレや、花子とアンと原作の比較、感想をまとめています。

花子とアンの第29話「大文学会開幕」では、大文学会が開催され、ロミオとジュリエットが開演するストーリーでした。

花子とアンの第30話「公演の成功」では、ロミオとジュリエットの公演が無事終わり、皆で成功を喜び合うストーリーとなっています。

朝ドラ『花子とアン』
2014年5月3日(土)放送
第5週サブタイトル『波乱の大文学会』

花子とアンの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「花子とアン」を見逃した方は、「花子とアン(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)
スポンサーリンク

朝ドラ『花子とアン』第30話のネタバレあらすじ

ここからは、5月3日に放送された朝ドラ「花子とアン」第30話のあらすじをまとめたネタバレです。

花子とアン30話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

演劇は順調に進んでいった。

蓮子(仲間由紀恵)の芝居を見た葉山伯爵(飯田基祐)は不愉快な顔をしている。
はなは小間使い役として出演していたが、緊張のせいで躓き倒れた。

その時手に持っていた薬の小瓶を放り投げてしまい、観客席で笑いが起こった。
それを蓮子がフォローし最後のシーンになる。

蓮子の見事な演技に観客席では大喝采が起こったが、葉山伯爵だけは憎々しげな顔をしていた。
蓮子とはなは演劇をやり終え嬉しそうにしていたが、観客席の葉山伯爵と目が合うと、はながこう言い出す。

「蓮子さん。私いい事思いついたんですけど。復讐してやりましょう!」
帰ろうとしていた葉山伯爵の背中にはながぶつかり「失礼!」と言って、そのまま通り過ぎた。

その場にいた人たちは葉山伯爵を見て笑っていたが、本人はまったく気付いていない様子。
葉山伯爵の背中には「吾輩は伯爵様なるぞ。エッヘン」と書かれた紙が貼ってあったのだ。
それに気付いた綾小路(那須佐代子)は紙を剥がしたが、その下には「家の名は大事だぞエッヘン」と書かれた紙が貼られていた。
それを見た蓮子とはなは笑いながら校門を出て外へと向かう。
2人とも演劇の衣装のままだったが、電車に乗り込んだ。

2人は電車の中でも笑い合い、はなは蓮子に腹心の友になってほしいといったのだった。

 

 

ここまでが、5月3日に放送された朝ドラ「花子とアン」第30話のあらすじのネタバレです。

花子とアン第31話のあらすじを知りたい方は、第31話『アルバイト』へ読み進めてください。

朝ドラ「花子とアン」第30話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「花子とアン」第30話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

花子とアン30話の感想

放送終了次第、すぐに感想をまとめますので、しばらくお待ちください!

以上が、朝ドラ「花子とアン」第5週目第30話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。。