花子とアン第31話のネタバレあらすじ!アルバイト

こちらでは、朝ドラ「花子とアン」6週目第31話のあらすじのネタバレや、花子とアンと原作の比較、感想をまとめています。

花子とアンの第30話「公演の成功」では、ロミオとジュリエットの公演が無事終わり、皆で成功を喜び合うストーリーでした。

花子とアンの第31話「アルバイト」では、ブラックバーン校長の勧めで、はなが出版社のアルバイトをするストーリーとなっています。

朝ドラ『花子とアン』
2014年5月5日(月)放送
第7週サブタイトル『腹心の友』

花子とアンの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「花子とアン」を見逃した方は、「花子とアン(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)
スポンサーリンク

朝ドラ『花子とアン』第31話のネタバレあらすじ

ここからは、5月5日に放送された朝ドラ「花子とアン」第31話のあらすじをまとめたネタバレです。

花子とアン31話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

大文学会から半年経った明治42年(1909年)11月、はな(吉高由里子)と蓮子(仲間由紀恵)は「蓮様」「はなちゃん」と呼び合うようになっていた。
卒業まで半年足らずとなったある日、はなはブラックバーン校長(トーディ・クラーク)から出版社でアルバイトをしないかと提案される。
はなはその提案を喜んで受け入れ、出版社に訪れた。

挨拶をすると、編集長の梶原(藤本隆宏)は大文学会のことを覚えていて、小間使いさんと呼ぶ。

それを真似し他の社員もはなを小間使いさんと呼んだ。
出版社ではなが留守番をしていた時、書棚の一番上にある英英辞典を見つけ取ろうとするが、手が届かない。

すると、男性が近づいて来て取ってくれたのだ。
はなはその男性の顔に見とれたが、すぐに英英辞典に夢中になる。

その男性は印刷会社に勤める村岡英治(鈴木亮平)だったが、はなは知る由もない。
その頃、蓮子は葉山邸で兄の葉山伯爵(飯田基祐)から縁談の話をされていた。

蓮子が断ると兄はそれを認めず怒ったが、蓮子は自分の意志を貫き葉山邸を後にする。
学校に戻った蓮子は、自分の部屋ではなとお茶の時間を楽しむ。

そこで1番欲しいものの話になり、はなは英語の辞書だと言い、蓮子は本気で誰かを愛したいと言ったのだった。
そんなある日、はなと醍醐たちは外出中に、梶原編集長と富山(ともさかりえ) が話しているのを見かける。

 

 

ここまでが、5月5日に放送された朝ドラ「花子とアン」第31話のあらすじのネタバレです。

花子とアン第32話のあらすじを知りたい方は、第32話『富山の逢引き』へ読み進めてください。

朝ドラ「花子とアン」第31話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「花子とアン」第31話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

花子とアン31話の感想

放送終了次第、すぐに感想をまとめますので、しばらくお待ちください!

以上が、朝ドラ「花子とアン」第6週目第31話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。。