花子とアン第32話のネタバレあらすじ!富山の逢引き

こちらでは、朝ドラ「花子とアン」6週目第32話のあらすじのネタバレや、花子とアンと原作の比較、感想をまとめています。

花子とアンの第31話「アルバイト」では、ブラックバーン校長の勧めで、はなが出版社のアルバイトをするストーリーでした。

花子とアンの第32話「富山の逢引き」では、はなが、富山と梶原の逢引きを目撃してしまうストーリーとなっています。

朝ドラ『花子とアン』
2014年5月6日(火)放送
第7週サブタイトル『腹心の友』

花子とアンの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「花子とアン」を見逃した方は、「花子とアン(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)
スポンサーリンク

朝ドラ『花子とアン』第32話のネタバレあらすじ

ここからは、5月6日に放送された朝ドラ「花子とアン」第32話のあらすじをまとめたネタバレです。

花子とアン32話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

はなは梶原編集長と真面目な富山(ともさかりえ)が一緒にいたことを考えていた。

すると、蓮子があらわれ2人は逢引していたそうねと言ってくる。
その後、醍醐(高梨臨)によって2人は昔付き合っていたという噂が広まった。
醍醐が調べた情報によると、富山先生は学生時代、ある青年と永遠の愛を誓い合ったが捨てられることになる。

そしてその青年は、親が決めた財閥令嬢と結婚するも別れ今は独り身で出版の仕事をしているというものだった。
そこに富山があらわれると、蓮子は「そんなに騒ぐ事かしら?富山先生は教師である前に一人の女性なんですから」と言った。

富山が「何の事ですか?」と聞くと蓮子は唐突に「逢引くらいなさって当然ですよね!」いう。
はなはアルバイト先で梶原編集長と富山がどんな話をしていたのか想像していた。

そこへ、昨日の英英辞典を取ってくれた青年が入って来た。
梶原編集長と村岡英冶(鈴木亮平)は、百科事典の翻訳について話している。その時、村岡は村岡印刷の二代目だということを知った。
はなは翻訳の腕を村岡に褒められ翻訳の仕事を勧められる。
蓮子に翻訳者になったことを報告すると、「安東花子」というペンネームを授けられた。

蓮子は、はなと話しながらこの時間がずっと続くようにと祈っていた。
そんな時、晶貴(飯田基祐)が蓮子に会いに来て縁談を受けるようにと頼む。

ここまでが、5月6日に放送された朝ドラ「花子とアン」第32話のあらすじのネタバレです。

花子とアン第33話のあらすじを知りたい方は、第33話『晶貴のお願い』へ読み進めてください。

朝ドラ「花子とアン」第32話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「花子とアン」第32話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

花子とアン32話の感想

放送終了次第、すぐに感想をまとめますので、しばらくお待ちください!

以上が、朝ドラ「花子とアン」第6週目第32話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。。