花子とアン第33話のネタバレあらすじ!晶貴のお願い

こちらでは、朝ドラ「花子とアン」6週目第33話のあらすじのネタバレや、花子とアンと原作の比較、感想をまとめています。

花子とアンの第32話「富山の逢引き」では、はなが、富山と梶原の逢引きを目撃してしまうストーリーでした。

花子とアンの第33話「晶貴のお願い」では、晶貴が面会に訪れ、蓮子に縁談を受けて欲しいとお願いするストーリーとなっています。

朝ドラ『花子とアン』
2014年5月7日(水)放送
第7週サブタイトル『腹心の友』

花子とアンの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「花子とアン」を見逃した方は、「花子とアン(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)
スポンサーリンク

朝ドラ『花子とアン』第33話のネタバレあらすじ

ここからは、5月7日に放送された朝ドラ「花子とアン」第33話のあらすじをまとめたネタバレです。

花子とアン33話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

蓮子は、晶貴(飯田基祐)に頭を下げられ縁談をして家を救ってくれといわれる。
はなの最終出勤日に、社員の不始末によりその日入稿するはずだった翻訳の原稿が燃える事態が起こった。
その作業で翻訳に必要な辞書を村岡は自分の会社から取ってくるという。

だが、はなは修和女学校の図書室からとってくるように勧めた。
はなは修和女学校が男子禁制ということを忘れていたのである。

あとから追いかけると、村岡は白鳥かをる子(近藤春菜)に捕まって投げ飛ばされていた。
そこにはなが追いつき事情を説明する。

村岡は、はなが翻訳だけではなく、英会話も出来ることに感心していた。
その頃、編集長(藤本隆宏)は仕事をサボり、富山にプロポーズしたが見事に振られる。
夕方になると、はなは翻訳の仕事を終えみんなから感謝されていた。
初給料をもらったはなは、編集長が落ち込んでいることに気づき具合が悪いのかと聞く。

編集長は富山に振られたと答え、それを聞いたはなは驚いた。
学校に戻ったはなは廊下で富山に出会う。

そこで、編集長とのことを聞くと、富山は「掴み損ねた幸せは、もう取り戻せないんです。

教職という仕事が、今の私の幸せです」いい立ち去る。
その頃、蓮子と葉山夫妻は、葉山家の親戚である久保山(大林丈史)に連れて来られた嘉納伝助と会っていた。

その人物は、蓮子と親子ほど歳の離れた見合い相手だったのだ。

ここまでが、5月7日に放送された朝ドラ「花子とアン」第33話のあらすじのネタバレです。

花子とアン第34話のあらすじを知りたい方は、第34話『蓮子のお見合い』へ読み進めてください。

朝ドラ「花子とアン」第33話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「花子とアン」第33話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

花子とアン33話の感想

放送終了次第、すぐに感想をまとめますので、しばらくお待ちください!

以上が、朝ドラ「花子とアン」第6週目第33話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。。