花子とアン第49話のネタバレあらすじ!はなのお見合い

こちらでは、朝ドラ「花子とアン」9週目第49話のあらすじのネタバレや、花子とアンと原作の比較、感想をまとめています。

花子とアンの第48話「濡れ衣」では、ペンネームをはなに修正した犯人を英治と思っていたはなが、犯人が醍醐と知り、英治に謝罪するストーリーでした。

花子とアンの第49話「はなのお見合い」では、徳丸の勧めで、はなが大地主の跡取り息子・望月と見合いをするストーリーとなっています。

朝ドラ『花子とアン』
2014年5月26日(月)放送
第9週サブタイトル『はな、お見合いする』

花子とアンの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「花子とアン」を見逃した方は、「花子とアン(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『花子とアン』第49話のネタバレあらすじ

ここからは、5月26日に放送された朝ドラ「花子とアン」第49話のあらすじをまとめたネタバレです。

花子とアン49話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

  • 校長がはなに見合いの話を持ち出す
  • 徳丸から、結婚すれば家族が楽になると言われ、見合いを断れない状況になる
  • 大地主の跡取りで好青年の啓太郎と見合いする
  • 好条件の話に、家族が盛り上がり、縁談を断りづらい状況になる
  • 行方知れずだった父・吉平が現れる

見合い話

東京での祝賀会を終え、甲府に帰った安東はな(吉高由里子)

学校へ行くと本多正平(マキタスポーツ)校長が、見合い話があるとはなに写真を渡す。
はなは詳しい話を聞くため、紹介者である徳丸甚之介(カンニング竹山)のもとに向かう。

大地主の息子

徳丸は、はなの見合い相手が、徳丸家と肩を並べるほどの大地主の跡取り息子だと話す。

童話で受賞したことや、東京の女学校で英語を勉強した経歴から、はなに興味を持ったと言う。

まだ結婚が考えられないと断るはなに、徳丸は、こんないい縁談はないと言う。

見合い相手の方は、結婚すれば安東家の借金を肩代わりしてくれるというのだ。

良い縁談

家に帰ると、木場リン(松本明子)と家族のみんなはお祝いムードで盛り上がっていた。

だが、木場朝市(窪田正孝)だけは否定的な態度だった。

そんな朝市に、リンがこの縁談がまとまれば、安東ふじ(室井滋)安東周造(石橋蓮司)が楽できるのだと言い返す。

はなは戸惑いながらも、一度会ってみろと押し切られ、見合いをすることになった。

お見合いの日

見合いの日がやってきた。

ふじとはなは、徳丸の亡くなった奥さんの着物を借り、お見合い相手の到着を待った。
しばらくすると、徳丸に丁重に案内されながら、お見合い相手の望月啓太郎(川岡大次郎)が入ってきた。

夢のような好条件

啓太郎は容姿の整った好青年であり、望月家のブドウ酒造りを任されていた。

後々、ブドウ酒造りを学ぶために海外へ行く事も考えていて、はなの英語力が役に立つという。
さらに、帰国後は、ずっと甲府で暮らすつもりのため、はなはいつでも実家に顔を出せると話す。
家には使用人を雇い、家事や育児をする必要はないため、はなは物書きなど自由に好きなことをやれるという夢のような話だった。

四年ぶりの父

あまりの好条件なうえ、家族は大喜びし、縁談はどんどん断りづらい状況になっていく。

家族のために結婚することが、本当にいいのだろうかと思い悩むはな。

見合いから数日後、小学校に行方不明だった安東吉平(伊原剛志)が突然現れる。

なんと4年ぶりの父の姿に、驚くはなだった。

ここまでが、5月26日に放送された朝ドラ「花子とアン」第49話のあらすじのネタバレです。

突然帰ってきた吉平ですが、吉太郎がかなり怒るんですよね、、、

花子とアン第50話のあらすじを知りたい方は、第50話『吉太郎の怒り』へ読み進めてください。

朝ドラ「花子とアン」第49話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「花子とアン」第49話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

花子とアン49話の感想

放送終了次第、すぐに感想をまとめますので、しばらくお待ちください!

以上が、朝ドラ「花子とアン」第9週目第49話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。