花子とアン第50話のネタバレあらすじ!吉太郎の怒り

こちらでは、朝ドラ「花子とアン」9週目第50話のあらすじのネタバレや、花子とアンと原作の比較、感想をまとめています。

花子とアンの第49話「はなのお見合い」では、徳丸の勧めで、はなが大地主の跡取り息子・望月と見合いをするストーリーでした。

花子とアンの第50話「吉太郎の怒り」では、突然帰ってきた吉平がはなに見合いを断れと言うが、吉太郎が身勝手な吉平に激怒するストーリーとなっています。

朝ドラ『花子とアン』
2014年5月27日(火)放送
第11週サブタイトル『はな、お見合いする』

花子とアンの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「花子とアン」を見逃した方は、「花子とアン(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)
スポンサーリンク

朝ドラ『花子とアン』第50話のネタバレあらすじ

ここからは、5月27日に放送された朝ドラ「花子とアン」第50話のあらすじをまとめたネタバレです。

花子とアン50話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

はなと吉平(伊原剛志)は生徒たちが帰ったあと教室で話をした。

吉平はふじ(室井滋)たちのことを気にしていて、自分が家に帰っても追い返されないようにしてほしいとはなに頼む。
はなは一足先に家に帰り家族の様子を窺うが、吉太郎(賀来賢人)の父への反感は根強かった。
その頃、吉平は小学校の職員室でお茶を飲みながら本多先生(マキタスポーツ)たちと話していた。
吉平は校長にこれからもはなのことよろしくお願いいたしますと頼むと、はなに見合い話が来ていることを知る。

見合い話と聞いた吉平は急ぎで家に向かった。
その頃、安東家では夕食の準備をして皆で囲炉裏を囲んでいたが、吉平が「はな!見合いは断れ!」と言ってあらわれる。
家族みんな唖然としていたが、もも(土屋太鳳)だけはおとうお帰りと喜んだ。
吉太郎(賀来賢人)は長い間帰って来なかった吉平に怒りを露わにする。

吉太郎と吉平は言い争いを始めたが周造(石橋蓮司)とふじが間に入る。
吉平ははなの見合い話に反対で、徳丸の所に断りにいくと言い出す。

吉平の勝手な行動に吉太郎はまた怒り2人で大喧嘩を始める。
そこで吉平は、かよが製糸工場の仕事をやめたことや借金返済のためにはなが見合いをしたことなどを知り何も言えなくなる。

吉平はどれほど家族が苦労していたか知り愕然としたのだった。

ここまでが、5月27日に放送された朝ドラ「花子とアン」第50話のあらすじのネタバレです。

花子とアン第51話のあらすじを知りたい方は、第51話『帰ってこなかった理由』へ読み進めてください。

朝ドラ「花子とアン」第50話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「花子とアン」第50話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

花子とアン50話の感想

放送終了次第、すぐに感想をまとめますので、しばらくお待ちください!

以上が、朝ドラ「花子とアン」第9週目第50話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。