花子とアン第52話のネタバレあらすじ!親子喧嘩再び

こちらでは、朝ドラ「花子とアン」9週目第52話のあらすじのネタバレや、花子とアンと原作の比較、感想をまとめています。

花子とアンの第51話「帰ってこなかった理由」では、吉平が4年間帰ってこなかった理由を陰で聞いていたふじが許すストーリーでした。

花子とアンの第52話「親子喧嘩再び」では、吉太郎が職業軍人になることを知り、絶対に許さないと吉平が激怒するストーリーとなっています。

朝ドラ『花子とアン』
2014年5月29日(木)放送
第11週サブタイトル『はな、お見合いする』

花子とアンの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「花子とアン」を見逃した方は、「花子とアン(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)
スポンサーリンク

朝ドラ『花子とアン』第52話のネタバレあらすじ

ここからは、5月29日に放送された朝ドラ「花子とアン」第52話のあらすじをまとめたネタバレです。

花子とアン52話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

吉平 (伊原剛志)と吉太郎(賀来賢人)が喧嘩した翌日は、安東家のみんなは気まずい空気のまま食事していた。
終業式の日がやってきて、学校は明日から夏休みになる。
はなが生徒達に通信簿を配り終わると、キヨシが見合いはどうなっているのかと聞いてきた。

生徒たちは、はなが嫁にいって学校を辞めてしまうのではないかと心配している。
その頃、福岡の嘉納邸には蓮子(仲間由紀恵)の兄の葉山晶貴(飯田基祐)がきていた。

兄の晶貴はお金をもらいにきていたのだ。
伝助(吉田鋼太郎)は、晶貴に封筒を渡そうとしたが、蓮子がその封筒を取り中身を見る。
蓮子は中身がお金だとわかり伝助に返そうとしたが、晶貴がそれを取り上げさっさと帰っていく。
それから蓮子は、開き直ったかのように屋敷でサロンを開くようになった。
新聞記者だという黒沢一史(木村彰吾)は、蓮子に竹久夢二の詩画集を渡す。黒沢は伝助に取材をするために蓮子に近づいたのだった。
そんな黒澤に蓮子は伝助の取材なんて辞めなさいと葡萄酒を渡して飲み始めた。

黒沢は知的で都会的な雰囲気があり蓮子は惹かれていく。
その頃、甲府では徳丸が吉太郎のために盛大な宴会を開いていた。

そこでも吉平と吉郎君は
喧嘩をするのだった。

ここまでが、5月29日に放送された朝ドラ「花子とアン」第52話のあらすじのネタバレです。

花子とアン第53話のあらすじを知りたい方は、第53話『見合いを白紙』へ読み進めてください。

朝ドラ「花子とアン」第52話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「花子とアン」第52話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

花子とアン52話の感想

放送終了次第、すぐに感想をまとめますので、しばらくお待ちください!

以上が、朝ドラ「花子とアン」第9週目第52話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。