花子とアン第53話のネタバレあらすじ!見合いを白紙

こちらでは、朝ドラ「花子とアン」9週目第53話のあらすじのネタバレや、花子とアンと原作の比較、感想をまとめています。

花子とアンの第52話「親子喧嘩再び」では、吉太郎が職業軍人になることを知り、絶対に許さないと吉平が激怒するストーリーでした。

花子とアンの第53話「見合いを白紙」では、自分の気持ちが片思いだったと気づいた望月が、見合いを白紙にしてほしいと言って去っていくストーリーとなっています。

朝ドラ『花子とアン』
2014年5月30日(金)放送
第11週サブタイトル『はな、お見合いする』

花子とアンの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「花子とアン」を見逃した方は、「花子とアン(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)
スポンサーリンク

朝ドラ『花子とアン』第53話のネタバレあらすじ

ここからは、5月30日に放送された朝ドラ「花子とアン」第53話のあらすじをまとめたネタバレです。

花子とアン53話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

はなは望月(川岡大次郎)との縁談の返事を先延ばしにしていた。
吉平 (伊原剛志)とふじ (室井滋)は、吉太郎(賀来賢人)のことを話し始める。
話が終わると吉平はふじに、土産の櫛を渡したが、ふじは断った。
吉平は、ふじが4年間も帰らなかったことをまだ怒っているのかと思ったが、ふじは出会った頃に吉平からもらった櫛をまだ大切に持っていたから断ったのである。
ふじは、はなかももに新しい櫛をあげてほしいという。

その話を聞いていたはなは、自分はいらないからももにあげてくれといった。
吉平が寝にいった後、はなはふじに吉平と結婚して幸せだったかと聞くとふじは幸せだと答える。

はなもそんな結婚がしたいと言った。
教会の図書室に行くと、はなは知っている男性の顔を思い浮かべていろいろな想像をしていた。

そんな時に英治の顔が思い浮かび、はなは不思議に思う。
その時、朝市や生徒たちがあらわれてはなは我に返った。

はなは生徒たちに話を聞かせてほしいといわれ、図書室にあった新作の童話を読んで聞かせた。
そこに見合い相手の望月が縁談の返事を聞きにやってくる。

はなが自分の気持ちを伝えると、望月がこの話は白紙に戻すと潔く自分の片思いを認めて去っていったのだった。

ここまでが、5月30日に放送された朝ドラ「花子とアン」第53話のあらすじのネタバレです。

花子とアン第54話のあらすじを知りたい方は、第54話『入営の日』へ読み進めてください。

朝ドラ「花子とアン」第53話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「花子とアン」第53話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

花子とアン53話の感想

放送終了次第、すぐに感想をまとめますので、しばらくお待ちください!

以上が、朝ドラ「花子とアン」第9週目第53話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。