あぐり第112話のネタバレあらすじ!安吉に召集令状

こちらでは、朝ドラ「あぐり」19週目第112話のあらすじのネタバレや、あぐりと原作の比較、感想をまとめています。

あぐりの第111話「諒子の頼み」では、淳之介は諒子から頼まれ、あぐり美容院に連れて行き、子どものころから憧れていたあぐりに諒子が髪を整えてもらうストーリーでした。

あぐりの第112話「安吉に召集令状」では、安吉に召集令状が届き、淳之介たちが安吉を励ますため諒子にお願いにいくストーリーとなっています。

朝ドラ『あぐり』
1997年8月14日(木)放送
第23週サブタイトル『淳之介の初恋』

あぐりの最終回までのあらすじ≫

朝ドラの過去作品を視聴したい方は、「朝ドラ(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『あぐり』第112話のネタバレあらすじ

ここからは、8月14日に放送された朝ドラ「あぐり」第112話のあらすじをまとめたネタバレです。

再会したばかりの安吉のもとに、召集令状がきた。
戦地へ赴く友人のために、何かしてやれることはないかと考える淳之介たち。
一方、妊娠している辰子に、夫の戦死の知らせが届く。
大切な人を失い悲しむ辰子の姿を目の当たりにした望月淳之介(山田純大)は、安吉のために想いを抱く諒子と二人きりのお別れ会を用意する。
その夜、安吉(小磯勝弥)は淳之介のもとへ訪れ、池田諒子(大路恵美)のことを頼むと告げる。
翌朝、皆に万歳三唱で見送られ、安吉(坂本修聡)は勇ましく出征していった。

 

ここまでが、8月14日に放送された朝ドラ「あぐり」第112話のあらすじのネタバレです。

あぐり第113話のあらすじを知りたい方は、第113話『パーマネント機奪われる』へ読み進めてください。

朝ドラ「あぐり」第112話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「あぐり」第112話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

あぐり112話の感想

放送終了次第、すぐに感想をまとめますので、しばらくお待ちください!

以上が、朝ドラ「あぐり」第19週目第112話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。。