あぐり第117話のネタバレあらすじ!許さない

こちらでは、朝ドラ「あぐり」20週目第117話のあらすじのネタバレや、あぐりと原作の比較、感想をまとめています。

あぐりの第116話「即日帰郷」では、召集令状が届き、入営したはずだった淳之介だが、喘息と分かり即日帰郷させられるストーリーでした。

あぐりの第117話「許さない」では、淳之介が東京に諒子のもとを訪ねるが、黙って出征したことを許してもらえないストーリーとなっています。

朝ドラ『あぐり』
1997年8月20日(水)放送
第24週サブタイトル『さよなら東京』

あぐりの最終回までのあらすじ≫

朝ドラの過去作品を視聴したい方は、「朝ドラ(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『あぐり』第117話のネタバレあらすじ

ここからは、8月20日に放送された朝ドラ「あぐり」第117話のあらすじをまとめたネタバレです。

出征したものの、喘息であることがわかり、即日帰郷で戻ってきた望月淳之介(山田純大)
しかし、出征を免れたものの、不名誉なことだと望月家の人々は世間からひどく嫌味を言われてしまう。
淳之介は居たたまれなくなり、岡山から東京に帰ってくる。
だが、東京でも、黙って出征した淳之介に腹をたてている池田諒子(大路恵美)が、友人の岩本尚久(関口知宏)から結婚を申し込まれているという。
自分の居場所を無くした淳之介は、ある夜、空襲警報の時、防空壕に避難するようあぐりに言われたにもかかわらず、呑気に家に残る。
警報が解除され、あぐりたちが家に戻ると、強盗が潜んでいたが、淳之介が家に残っていたことで強盗が逃げ出し、事なきを得た。
淳之介のおかげで強盗を追い払えたと皆が沸き立つが、望月あぐり(田中美里)はなぜ防空壕に避難しなかったのかと淳之介の頬を叩く。
出征せずにすみ、助かった命をもっと大切にしなさいと、いつになく真剣な表情で叱るあぐりに、淳之介は母の愛を感じるのだった。

 

ここまでが、8月20日に放送された朝ドラ「あぐり」第117話のあらすじのネタバレです。

あぐり第118話のあらすじを知りたい方は、第118話『建物疎開』へ読み進めてください。

朝ドラ「あぐり」第117話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「あぐり」第117話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

あぐり117話の感想

放送終了次第、すぐに感想をまとめますので、しばらくお待ちください!

以上が、朝ドラ「あぐり」第20週目第117話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。。