あぐり第4話のネタバレあらすじ!民子の恋文

こちらでは、朝ドラ「あぐり」1週目第4話のあらすじのネタバレや、あぐりと原作の比較、感想をまとめています。

あぐりの第3話「スペイン風邪」では、スペイン風邪で紀美子と富美子が亡くなるストーリーでした。

あぐりの第4話「民子の恋文」では、民子が男子学生に恋文を渡したとして、山神先生に問い詰められるストーリーとなっています。

朝ドラ『あぐり』
1997年4月10日(木)放送
第1週サブタイトル『花嫁は15歳』

あぐりの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「あぐり」を見逃した方は、「U-NEXT」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)
スポンサーリンク

朝ドラ『あぐり』第4話のネタバレあらすじ

ここからは、4月10日に放送された朝ドラ「あぐり」第4話のあらすじをまとめたネタバレです。

あぐり4話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

一家の大黒柱を失った川村家は町外れの小さな家へ引っ越していく。三年後、あぐり(田中美里)は民子(笹峰愛)が男子学生に恋文を渡し、山神先生(山田邦子)に問い詰められているところを救う。

あぐりは男子学生と昨日別れたばかりの民子から、ほかに好きな人ができたと聞かされあきれるばかり。

ここまでが、4月10日に放送された朝ドラ「あぐり」第4話のあらすじのネタバレです。

あぐり第5話のあらすじを知りたい方は、第5話『エイスケとの出会い』へ読み進めてください。

朝ドラ「あぐり」第4話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「あぐり」第4話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

あぐり4話の感想

放送終了次第、すぐに感想をまとめますので、しばらくお待ちください!

以上が、朝ドラ「あぐり」第1週目第4話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。。