あぐり第5話のネタバレあらすじ!エイスケとの出会い

こちらでは、朝ドラ「あぐり」1週目第5話のあらすじのネタバレや、あぐりと原作の比較、感想をまとめています。

あぐりの第4話「民子の恋文」では、民子が男子学生に恋文を渡したとして、山神先生に問い詰められるストーリーでした。

あぐりの第5話「エイスケとの出会い」では、民子が好きな人に手紙を渡すのについて行ったあぐりが、望月エイスケと出会うストーリーとなっています。

朝ドラ『あぐり』
1997年4月11日(金)放送
第2週サブタイトル『花嫁は15歳』

あぐりの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「あぐり」を見逃した方は、「U-NEXT」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)
スポンサーリンク

朝ドラ『あぐり』第5話のネタバレあらすじ

ここからは、4月11日に放送された朝ドラ「あぐり」第5話のあらすじをまとめたネタバレです。

あぐり5話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

川村家

ある日、川村家にやってきた岩見が土地購入の話をしていた。

岩見の言葉を信じきっている美佐は現地も見ずにお金を渡して、岩見に購入の段取りをお願いする。

学校

学校では、また民子が好きな人ができたとあぐりに話す。

あきれるあぐりだったが、恋文を渡すのに無理やり付き添うをお願いされ、その男がいるところまで一緒に行くことに。

闇夜のカラス

その男・エイスケは高台で絵を描いていた。

民子が恋文を手渡した後に、何を描いているのかと聞くと、暗闇のような街と答えるエイスケ。

しかし、あぐりは「闇夜のカラス」にしか見えないと話す。

エイスケはその表現をいたく気に入り、笑って見せた。

望月家

家に帰ると、美佐から望月家へのお使いを頼まれる。

望月家にいくと、健太郎が岩見の悪い噂を話し、何かあったら頼るよう案じてくれた。

しかし、時すでに遅しで、美佐は岩見に騙され、財産を失った後だったのだ。

岩見は失踪し、行方をくらませた。

お嫁

それから、寝込んでいた美佐だったが、なんとか元気を取り戻しつつあった。

そんなある日、あぐりを呼び出す美佐。

すると、突然、お嫁に行きなさいと言い出したのだ。

ここまでが、4月11日に放送された朝ドラ「あぐり」第5話のあらすじのネタバレです。

あぐり第6話のあらすじを知りたい方は、第6話『突然の結婚』へ読み進めてください。

朝ドラ「あぐり」第5話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「あぐり」第5話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

あぐり5話の感想

放送終了次第、すぐに感想をまとめますので、しばらくお待ちください!

以上が、朝ドラ「あぐり」第1週目第5話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。。