あぐり第84話のネタバレあらすじ!美佐にパーマネント

こちらでは、朝ドラ「あぐり」14週目第84話のあらすじのネタバレや、あぐりと原作の比較、感想をまとめています。

あぐりの第83話「宮家の妃殿下」では、宮家の妃殿下があぐり美容院に来ることになり、緊張するストーリーでした。

あぐりの第84話「美佐にパーマネント」では、明日岡山に帰る美佐が、洋髪してほしいとあぐりにお願いするストーリーとなっています。

朝ドラ『あぐり』
1997年7月12日(土)放送
第14週サブタイトル『母からの贈りもの』

あぐりの最終回までのあらすじ≫

朝ドラの過去作品を視聴したい方は、「U-NEXT」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『あぐり』第84話のネタバレあらすじ

ここからは、7月12日に放送された朝ドラ「あぐり」第84話のあらすじをまとめたネタバレです。

あぐり84話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

明日、岡山に帰るという美佐は、あぐりに洋髪にしてほしいと言う。

母からの申し出で、一人前の美容師として初めて母の髪を手がけるあぐり。

あぐりは自ら洗髪し、美佐にパーマネントをかける。

切り落とした美佐の髪をそっと拾い上げ、あぐりはハンカチに包んでポケットにしまう。

母の形見にするために。

翌日、駅へ見送りに行ったあぐりは、涙をおさえながら笑顔で手を振る。

もしかして美佐と永遠の別れになるかもしれず、泣き出しそうなあぐりにエイスケは「笑顔の君を覚えててもらうんだ」と言う。

あぐりは涙をこらえ…..。

年が明け、あぐり美容院に岡山女学校の親友・民子(笹峰愛)が偶然訪れる。

ここまでが、7月12日に放送された朝ドラ「あぐり」第84話のあらすじのネタバレです。

あぐり第85話のあらすじを知りたい方は、第85話『出版記念会』へ読み進めてください。

朝ドラ「あぐり」第84話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「あぐり」第84話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

あぐり84話の感想

放送終了次第、すぐに感想をまとめますので、しばらくお待ちください!

以上が、朝ドラ「あぐり」第14週目第84話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。。