あぐり第85話のネタバレあらすじ!出版記念会

こちらでは、朝ドラ「あぐり」15週目第85話のあらすじのネタバレや、あぐりと原作の比較、感想をまとめています。

あぐりの第84話「美佐にパーマネント」では、明日岡山に帰る美佐が、洋髪してほしいとあぐりにお願いするストーリーでした。

あぐりの第85話「出版記念会」では、エイスケの「女百貨店」出版記念会が開かれるストーリーとなっています。

朝ドラ『あぐり』
1997年7月14日(月)放送
第18週サブタイトル『男と女の間には』

あぐりの最終回までのあらすじ≫

朝ドラの過去作品を視聴したい方は、「U-NEXT」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『あぐり』第85話のネタバレあらすじ

ここからは、7月14日に放送された朝ドラ「あぐり」第85話のあらすじをまとめたネタバレです。

あぐり85話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

昭和5年春、文壇に新風を吹き込むエイスケ(野村萬斎)の『女百貨店」出版記念会が開かれる。

新進作家として注目を集めるエイスケは「カフェ・セ・ラ・ヴィ」で行われた出版記念会で、「この本を愛と尊敬を込めて、強き女あぐりに贈る」というあいさつをする。

あぐり(田中美里)と再会した民子(笹峰愛)は、結婚してから夫の帰りを待つだけだった日々より、あぐりの家で燐太郎(野村宏伸)と過ごしたひとときに幸せを感じる。

ここまでが、7月14日に放送された朝ドラ「あぐり」第85話のあらすじのネタバレです。

あぐり第86話のあらすじを知りたい方は、第86話『バイオリン教室』へ読み進めてください。

朝ドラ「あぐり」第85話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「あぐり」第85話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

あぐり85話の感想

放送終了次第、すぐに感想をまとめますので、しばらくお待ちください!

以上が、朝ドラ「あぐり」第15週目第85話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。。