あぐり第98話のネタバレあらすじ!鎌倉へ

こちらでは、朝ドラ「あぐり」17週目第98話のあらすじのネタバレや、あぐりと原作の比較、感想をまとめています。

あぐりの第97話「ラブレターの代筆」では、淳之介が高久にラブレターの代筆を頼まれるストーリーでした。

あぐりの第98話「鎌倉へ」では、引っ越した諒子に会うために、4人で鎌倉へ向かうストーリーとなっています。

朝ドラ『あぐり』
1997年7月29日(火)放送
第20週サブタイトル『受験生の母』

あぐりの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「あぐり」を見逃した方は、「U-NEXT」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)
スポンサーリンク

朝ドラ『あぐり』第98話のネタバレあらすじ

ここからは、7月29日に放送された朝ドラ「あぐり」第98話のあらすじをまとめたネタバレです。

あぐり98話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

津之介から手紙をもらいうれしかったと言う諒子は、新しい住所を書いて渡す。

諒は転校することになり、淳之介だけに鎌倉の新しい住所を教える。

それを言いだせない淳之介に尚久や南(松田聡也)は安吉に聞こうと言う。

安吉が次の日曜に遊びに行くと知り、3人は模擬試験をさぼりいっしよに鎌倉へ行く。

しかしすごい大雨と雷に、淳之介ら4人は海岸の漁師小屋に逃げ込む。

ここまでが、7月29日に放送された朝ドラ「あぐり」第98話のあらすじのネタバレです。

あぐり第99話のあらすじを知りたい方は、第99話『授業をボイコット』へ読み進めてください。

朝ドラ「あぐり」第98話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「あぐり」第98話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

あぐり98話の感想

放送終了次第、すぐに感想をまとめますので、しばらくお待ちください!

以上が、朝ドラ「あぐり」第17週目第98話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。。