あぐり第97話のネタバレあらすじ!ラブレターの代筆

こちらでは、朝ドラ「あぐり」17週目第97話のあらすじのネタバレや、あぐりと原作の比較、感想をまとめています。

あぐりの第96話「世津子のお別れ」では、森潤の逮捕を妨害した罪で追われている世津子が、工イスケや燐太郎に別れを告げるストーリーでした。

あぐりの第97話「ラブレターの代筆」では、淳之介が高久にラブレターの代筆を頼まれるストーリーとなっています。

朝ドラ『あぐり』
1997年7月28日(月)放送
第20週サブタイトル『受験生の母』

あぐりの最終回までのあらすじ≫

朝ドラの過去作品を視聴したい方は、「U-NEXT」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『あぐり』第97話のネタバレあらすじ

ここからは、7月28日に放送された朝ドラ「あぐり」第97話のあらすじをまとめたネタバレです。

あぐり97話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

昭和10年、小学6年生の淳之介(生田斗真)は、同級生の高久(西翔平)にラブレターの代筆を頼まれる。

相手はみんなのマドンナ池田諒子(小倉星羅)。

諒子は手紙を先生に渡し、呼び出された尚久は淳之介に頼まれたと嘘をつく。

おまけに淳之介は涼子の幼なじみの安吉(坂本修聡)に殴られ乱闘に。

淳之介が書いたラブレターの件で先生に呼び出されるあぐり。

「もっと文才があると思った」と先生は残念そうだが、エイスケはすばらしい文とほめる。

ここまでが、7月28日に放送された朝ドラ「あぐり」第97話のあらすじのネタバレです。

あぐり第98話のあらすじを知りたい方は、第98話『鎌倉へ』へ読み進めてください。

朝ドラ「あぐり」第97話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「あぐり」第97話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

あぐり97話の感想

放送終了次第、すぐに感想をまとめますので、しばらくお待ちください!

以上が、朝ドラ「あぐり」第17週目第97話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。。