花子とアン第35話のネタバレあらすじ!甲府に里帰り

こちらでは、朝ドラ「花子とアン」6週目第35話のあらすじのネタバレや、花子とアンと原作の比較、感想をまとめています。

花子とアンの第34話「蓮子のお見合い」では、晶貴のお願いで、蓮子が九州の石炭王とお見合いをするストーリーでした。

花子とアンの第35話「甲府に里帰り」では、はなが蓮子を連れて甲府に里帰りするストーリーとなっています。

朝ドラ『花子とアン』
2014年5月9日(金)放送
第8週サブタイトル『腹心の友』

花子とアンの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「花子とアン」を見逃した方は、「花子とアン(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)
スポンサーリンク

朝ドラ『花子とアン』第35話のネタバレあらすじ

ここからは、5月9日に放送された朝ドラ「花子とアン」第35話のあらすじをまとめたネタバレです。

花子とアン35話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

はなと蓮子は甲府に到着する。

はなを迎えにきた吉太郎(賀来賢人)は、蓮子をみてその美しさに心を奪われる。
はなの家族と隣のリン(松本明子)は、緊張した様子で2人を出迎えた。
ふじ (室井滋)は、得意料理のほうとうを作り蓮子をもてなした。

蓮子から日本一美味しいほうとうだといわれ、ふじは照れる。
もも(須田理央)は、蓮子にいろいろと質問していたが、吉太郎は緊張して食事が喉を通らなかった。
そこに、徳丸甚之介(カンニング竹山)が、武(高澤父母道)と使用人たちを連れてやってきた。

蓮子にうちに泊まるようにと勧めるが、蓮子はそれをきっぱりと断る。
陽が暮れた頃、はなと吉太郎は互いの進路について話していた。
吉太郎が兵隊になると聞いた蓮子は、与謝野晶子の詩の朗読を始めその本を吉太郎に渡した。
その日の夜、蓮子は月明かりの下で小さな鳥を空に放った。

その様子を見ていたふじは、蓮子に悩みがあるのではないかと聞く。
蓮子は芸者をしていた母を早くに亡くし会った事がないと身の上を話す。

そして、母に1度でいいから会いたかったこと、優しい母がいるはなが羨ましいと伝える。
そんな蓮子にふじは、もううちの家族だと伝えた。

ふじの優しさに蓮子は思わず泣き出す。
この時、蓮子はある大きな決断をしていた。

ここまでが、5月9日に放送された朝ドラ「花子とアン」第35話のあらすじのネタバレです。

花子とアン第36話のあらすじを知りたい方は、第36話『蓮子の婚約』へ読み進めてください。

朝ドラ「花子とアン」第35話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「花子とアン」第35話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

花子とアン35話の感想

放送終了次第、すぐに感想をまとめますので、しばらくお待ちください!

以上が、朝ドラ「花子とアン」第6週目第35話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。。