花子とアン第36話のネタバレあらすじ!蓮子の婚約

こちらでは、朝ドラ「花子とアン」6週目第36話のあらすじのネタバレや、花子とアンと原作の比較、感想をまとめています。

花子とアンの第35話「甲府に里帰り」では、はなが蓮子を連れて甲府に里帰りするストーリーでした。

花子とアンの第36話「蓮子の婚約」では、はなが新聞で蓮子が婚約したことを知るストーリーとなっています。

朝ドラ『花子とアン』
2014年5月10日(土)放送
第6週サブタイトル『腹心の友』

花子とアンの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「花子とアン」を見逃した方は、「花子とアン(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)
スポンサーリンク

朝ドラ『花子とアン』第36話のネタバレあらすじ

ここからは、5月10日に放送された朝ドラ「花子とアン」第36話のあらすじをまとめたネタバレです。

花子とアン36話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

はなの家に泊まった翌日、蓮子ははなと近所の池で初めての魚釣りをしていた。
そして蓮子は、はなと出会って半年間一緒にいられて楽しかったことを伝える。

はなはいつもと違う蓮子に戸惑ったが、冗談を言いながら2人で笑いあう。
そこに、吉太郎(賀来賢人)と朝市(窪田正孝)が釣り竿を持ってやってきた。はなと朝市、蓮子と吉太郎に別れ釣りを始める。
吉太郎は蓮子の釣り竿が引いているこを伝えるが、釣りが初めての蓮子は戸惑った。
すると吉太郎は、蓮子の釣り竿に手を添えて、一緒に引き上げる。大きな鰻が釣れた蓮子は大喜びした。
修和女学校に戻ったはなに白鳥が荷物を届けてくれた。
その荷物は、はなが一番欲しかった英語の辞書だった。

それは村岡からの贈り物ではなは笑みを浮かべる。
白鳥はその場にいた蓮子にも手紙を渡した。

蓮子はそれを受け取り、顔色を曇らせたがそれにはなは気づかず話しかける。
そこで、はなは高等科に進学することを決心した。

やっと進路を決めたはなは、ブラックバーン校長(トーディ・クラーク)に報告した。
はなが校長室から出ると、醍醐たちが慌てて新聞を持ってきて読むように伝える。

そこには嘉納と蓮子の結婚のことが書かれていた。
その新聞を見たはなは大きなショックを受けた。

ここまでが、5月10日に放送された朝ドラ「花子とアン」第36話のあらすじのネタバレです。

花子とアン第37話のあらすじを知りたい方は、第37話『』へ読み進めてください。

朝ドラ「花子とアン」第36話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「花子とアン」第36話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

花子とアン36話の感想

放送終了次第、すぐに感想をまとめますので、しばらくお待ちください!

以上が、朝ドラ「花子とアン」第6週目第36話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。。