花子とアン第37話のネタバレあらすじ!はなの怒り

こちらでは、朝ドラ「花子とアン」7週目第37話のあらすじのネタバレや、花子とアンと原作の比較、感想をまとめています。

花子とアンの第36話「蓮子の婚約」では、はなが新聞で蓮子が婚約したことを知るストーリーでした。

花子とアンの第37話「はなの怒り」では、事情を知らないはなが、蓮子を矢継ぎ早に非難するストーリーとなっています。

朝ドラ『花子とアン』
2014年5月12日(月)放送
第8週サブタイトル『さらば修和女学校』

花子とアンの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「花子とアン」を見逃した方は、「花子とアン(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)
スポンサーリンク

朝ドラ『花子とアン』第37話のネタバレあらすじ

ここからは、5月12日に放送された朝ドラ「花子とアン」第37話のあらすじをまとめたネタバレです。

花子とアン37話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

新聞で蓮子(仲間由紀恵)の結婚のことを知ったはなは、本人に確認しようと蓮子の部屋に向かった。

しかし、そこに蓮子の姿はなく実家に戻ったことを知る。
はなは蓮子に会いに行くために、ブラックバーン校長(トーディ・クラーク)に外泊許可を求めたが、学校の外は新聞記者で溢れていたので断られた。
だが、茂木の協力によりはなは蓮子の元へと向かう。

葉山邸でも新聞記者が溢れていてはなは結局蓮子に会えなかった。
蓮子の結婚の話は甲府にも届き、ふじ(室井滋)や朝市(窪田正孝)は驚いた。

吉太郎(賀来賢人)は、失恋したことにショックを受ける。
葉山邸では結婚についてみんなが話し合っていた。

そこで蓮子ははなが家に来ていたことを知り、兄に学校に行かせて欲しいと頼む。
蓮子の結婚を知ってから1週間が経ったが、はなはショックから立ち直れずにいた。

そんな中、蓮子が学校に来ていることを知りはなは授業を抜け蓮子の部屋に向かった。

はなは蓮子に結婚のことを隠していたことを責める。

蓮子ははなから結婚の理由を聞かれると玉の輿だからと答えた。
蓮子が家のために結婚したことを知らないはなは、「そんな結婚なさるなんて恥ずかしくないの!?蓮様の嘘つき!お兄様が持ってらしたあの縁談は断ったんじゃなかったの?自分は操り人形じゃないって蓮様言ってたじゃないですか!それも嘘だったの!?」と蓮子を責め立てた。

ここまでが、5月12日に放送された朝ドラ「花子とアン」第37話のあらすじのネタバレです。

花子とアン第38話のあらすじを知りたい方は、第38話『蓮子の結婚披露宴』へ読み進めてください。

朝ドラ「花子とアン」第37話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「花子とアン」第37話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

花子とアン37話の感想

放送終了次第、すぐに感想をまとめますので、しばらくお待ちください!

以上が、朝ドラ「花子とアン」第7週目第37話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。