花子とアン第39話のネタバレあらすじ!英語の教師

こちらでは、朝ドラ「花子とアン」7週目第39話のあらすじのネタバレや、花子とアンと原作の比較、感想をまとめています。

花子とアンの第38話「蓮子の結婚披露宴」では、蓮子の結婚披露宴が行われ、はなも招待されたが欠席するストーリーでした。

花子とアンの第39話「英語の教師」では、富山から卒業したら学校で英語の教師にならないかと誘われるストーリーとなっています。

朝ドラ『花子とアン』
2014年5月14日(水)放送
第8週サブタイトル『さらば修和女学校』

花子とアンの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「花子とアン」を見逃した方は、「花子とアン(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)
スポンサーリンク

朝ドラ『花子とアン』第39話のネタバレあらすじ

ここからは、5月14日に放送された朝ドラ「花子とアン」第39話のあらすじをまとめたネタバレです。

花子とアン39話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

福岡の嘉納邸で行われた祝賀会では、蓮子が招待客のために三味線の音に合わせて立ったり回ったりしていた。
そこに1人の少女があらわれ伝助の料理を手でつまんで食べる。

蓮子は不思議に思い伝助にその少女のことを聞くと娘の冬子だと紹介される。
伝助に子どもはいないと聞いていた蓮子は驚くのだった。
それから4年経った大正2年。

はなの高等科卒業が間近になった頃、はなは英語の教育実習をしていた。
はなは、卒業間近になっても進路を決めかねていた。
そんなはなに富山は、英語の教師を勧める。

そして、甲府に帰ってもはなの英語の力を活かせる仕事はないと告げた。
その後、醍醐(高梨臨)に英語教師になると生涯独身になると忠告される。

醍醐は縁談が決まり幸せそうである。
はなは、この頃同室人に英語の勉強をよく教えていた。

分からない単語がある時はすぐに辞書で調べるようにと出した辞書は、昔村岡英治(鈴木亮平)から貰ったものだった。
同室人に出版社の仕事は大変だったかと聞かれると、はなは楽しくあっという間に過ぎたと答え空想を始める。

そして、ふと我に返りため息をつくのだった。
修和女学校の前ではボロボロの格好の娘がいた。

そこにはなと醍醐が通った時娘は倒れ込む。
2人が駆け寄りその娘の顔を見ると、はなはそれが妹のかよ(黒木華)だと気づいて驚いた。

ここまでが、5月14日に放送された朝ドラ「花子とアン」第39話のあらすじのネタバレです。

花子とアン第40話のあらすじを知りたい方は、第40話『かよの脱走』へ読み進めてください。

朝ドラ「花子とアン」第39話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「花子とアン」第39話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

花子とアン39話の感想

放送終了次第、すぐに感想をまとめますので、しばらくお待ちください!

以上が、朝ドラ「花子とアン」第7週目第39話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。