花子とアン第40話のネタバレあらすじ!かよの脱走

こちらでは、朝ドラ「花子とアン」7週目第40話のあらすじのネタバレや、花子とアンと原作の比較、感想をまとめています。

花子とアンの第39話「英語の教師」では、富山から卒業したら学校で英語の教師にならないかと誘われるストーリーでした。

花子とアンの第40話「かよの脱走」では、かよが働いていた製糸工場を脱走し、はなのもとへ訪れるストーリーとなっています。

朝ドラ『花子とアン』
2014年5月15日(木)放送
第9週サブタイトル『さらば修和女学校』

花子とアンの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「花子とアン」を見逃した方は、「花子とアン(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)
スポンサーリンク

朝ドラ『花子とアン』第40話のネタバレあらすじ

ここからは、5月15日に放送された朝ドラ「花子とアン」第40話のあらすじをまとめたネタバレです。

花子とアン40話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

かよ(黒木華)は製糸工場の仕事が辛いと逃げ出してきたのだった。
かよははなにもう工場に戻りたくないから甲府には知らせないで欲しいと泣きながら頼んだ。

そこではなは、とりあえずかよを醍醐(高梨臨)の部屋に泊めさせる。
一方、甲府の安東家では、かよが製糸工場からいなくなったことを知りふじ(室井滋)と周造(石橋蓮司)は慌てていた。
翌朝、はなはかよを工場に戻さないことを決め一緒に東京で仕事を探すから頑張ろうとかよに告げる。
その後、茂木(浅田美代子)が部屋に来たことでかよの存在がバレる。

茂木が甲府にかよのことを知らせふじは安心した。
吉太郎(賀来賢人)がかよを迎えに行くというとふじは自分が迎えに行くと告げる。
はなとかよは東京で暮らすことを考え仕事を探していた。

そこで、はなは昔アルバイトをしていた出版社の梶原(藤本隆宏)を訪ねに行っていた。
東京にやって来たふじは、かよをみて辛い思いをしたのだと痛ましく思った。そこで、かよに甲府に戻って一緒に百姓をやろうと提案するがかよは東京で仕事を見つけると断る。
そこにやってきたはなは、ふじに会えたことや1人で東京に来られたことを喜んだ。
はなが出版社で働きたいことを伝えると、ふじは本心を隠し好きなようにすればいいと答えたのだった。

ここまでが、5月15日に放送された朝ドラ「花子とアン」第40話のあらすじのネタバレです。

花子とアン第41話のあらすじを知りたい方は、第41話『甲府に帰る決意』へ読み進めてください。

朝ドラ「花子とアン」第40話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「花子とアン」第40話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

花子とアン40話の感想

放送終了次第、すぐに感想をまとめますので、しばらくお待ちください!

以上が、朝ドラ「花子とアン」第7週目第40話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。