あぐり第136話のネタバレあらすじ!燐太郎の苦悩

こちらでは、朝ドラ「あぐり」23週目第136話のあらすじのネタバレや、あぐりと原作の比較、感想をまとめています。

あぐりの第135話「三角関係」では、三枝と交際している諒子にまだ思いを寄せている淳之介に、諒子が助けを求めてくるストーリーでした。

あぐりの第136話「燐太郎の苦悩」では、小説がまったく書けなくなった燐太郎のもとをあぐりと民子が訪れるストーリーとなっています。

朝ドラ『あぐり』
1997年9月11日(木)放送
第23週サブタイトル『立ち直る力』

あぐりの最終回までのあらすじ≫

朝ドラの過去作品を視聴したい方は、「朝ドラ(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『あぐり』第136話のネタバレあらすじ

ここからは、9月11日に放送された朝ドラ「あぐり」第136話のあらすじをまとめたネタバレです。

望月淳之介(山田純大)が編集部で夜遅くまで原稿を書いていると、諒子がやってきて、三枝との生活に疲れ果て助けを求めてきた。
その晩池田諒子(大路恵美)は家に戻らず、編集部で一夜を過ごす。
翌朝、望月あぐり(田中美里)美容院に三枝がやってきて、諒子を知らないかと探しに来るが、あぐりは知らないと答えた。
心配になったあぐりは、編集部に電話すると、淳之介が寝ていたため、諒子が電話を出る。
電話相手が諒子だと知ると、三枝が探していたことを伝えた。
諒子が家に戻ると、三枝は機嫌よくご馳走を用意してくれていた。
お金は?と聞くと大切な蓄音機を売ったという。
その頃、あぐりのもとへ中村民子(笹峰愛)が訪ねてきていた。
民子は小説をかけない辻村燐太郎(野村宏伸)の様子を心配し、あぐりに心当たりを聞く。
自分の作品が若者たちを戦争へとかり立て、背中を押すように戦地へ送り出したと深く傷ついていることを知る。
どうすれば立ち直れるのか考えていると、そこへ淳之介がある新聞の投書を見つけてやってきた。
そこには、戦争が始まる前に書いた燐太郎の詩によって励まされたことをが書かれていた。
そのことを燐太郎に伝え、生きる大切さを書いて欲しいとあぐりがお願いする。
ここまでが、9月11日に放送された朝ドラ「あぐり」第136話のあらすじのネタバレです。

あぐり第137話のあらすじを知りたい方は、第137話『諒子の決意』へ読み進めてください。

朝ドラ「あぐり」第136話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「あぐり」第136話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

あぐり136話の感想

放送終了次第、すぐに感想をまとめますので、しばらくお待ちください!

以上が、朝ドラ「あぐり」第23週目第136話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。。