あぐり第139話のネタバレあらすじ!誹謗記事

こちらでは、朝ドラ「あぐり」24週目第139話のあらすじのネタバレや、あぐりと原作の比較、感想をまとめています。

あぐりの第138話「出版記念パーティー」では、出版記念パーティーであぐりと晃が出会うストーリーでした。

あぐりの第139話「誹謗記事」では、晩年の工イスケの文学を誹謗する記事が掲載されるストーリーとなっています。

朝ドラ『あぐり』
1997年9月15日(月)放送
第28週サブタイトル『最後の親孝行』

あぐりの最終回までのあらすじ≫

朝ドラの過去作品を視聴したい方は、「朝ドラ(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『あぐり』第139話のネタバレあらすじ

ここからは、9月15日に放送された朝ドラ「あぐり」第139話のあらすじをまとめたネタバレです。

昭和23年秋。
望月あぐり(田中美里)美容院が開業して1年が経った。
お店は順調で経営も安定していた。
そんなあぐり美容院にチェリー山岡(名取裕子)と沢田がやってくる。
チェリー山岡は、近々アメリカで暮らすことを話し、あるお願いをあぐりにしてきた。
それは、チェリー山岡と沢田稔(中条きよし)が進めていた美容院チェーンの計画について、一緒にやらないかというものだった。
いい話ではあったが、あぐりはすぐには返事をしなかった。
それから数日後、世津子や望月淳之介(山田純大)がある記事を見て怒り心頭となる。
それは、晩年の工イスケの文学を誹謗する記事で、林の署名で掲載されていた。
中村民子(笹峰愛)があぐりのもとへ訪れてその記事を見せると、あぐりはすでにその記事を目にしており、なんともないと話す。
民子は改めてこれを書いた林は、出版パーティ一のときにあった人物だと伝えた。
それから、カフェセラヴィに向かうと、あぐりは世津子と民子に全国に支店を出す話をする。
二人からはやるべきだと言われ、あぐりも引き受ける決意をする。
すると、そこへ林晃(高嶋政伸)が現れる。

 

ここまでが、9月15日に放送された朝ドラ「あぐり」第139話のあらすじのネタバレです。

あぐり第140話のあらすじを知りたい方は、第140話『支店を出す話』へ読み進めてください。

朝ドラ「あぐり」第139話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「あぐり」第139話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

あぐり139話の感想

放送終了次第、すぐに感想をまとめますので、しばらくお待ちください!

以上が、朝ドラ「あぐり」第24週目第139話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。。