あぐり第138話のネタバレあらすじ!出版記念パーティー

こちらでは、朝ドラ「あぐり」23週目第138話のあらすじのネタバレや、あぐりと原作の比較、感想をまとめています。

あぐりの第137話「諒子の決意」では、淳之介に結婚を申し込まれた諒子が、あぐりに髪を切ってもらい、ある決意をするストーリーでした。

あぐりの第138話「出版記念パーティー」では、出版記念パーティーであぐりと晃が出会うストーリーとなっています。

朝ドラ『あぐり』
1997年9月13日(土)放送
第23週サブタイトル『立ち直る力』

あぐりの最終回までのあらすじ≫

朝ドラの過去作品を視聴したい方は、「朝ドラ(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『あぐり』第138話のネタバレあらすじ

ここからは、9月13日に放送された朝ドラ「あぐり」第138話のあらすじをまとめたネタバレです。

約束時間がとうに過ぎた夕暮れ時に、カフェセラヴィにやってきた池田諒子(大路恵美)
諒子は結婚してほしいといってくれたことはうれしかったと話すが、三枝のそばにいてあげたいと言う。
望月淳之介(山田純大)が後悔しないのか?と聞くと、うんと答えカフェセラヴィを後にした。
淳之介はせっかく書いた小説を破り、失意のどん底にいた。
その様子を見ていた上原世津子(草笛光子)は、恋の話を自分の言葉で、語りなさいと訴える。
それから数日間、失意の日を送っていた淳之介だったが、望月あぐり(田中美里)からありのまま書けばいいといわれ、筆を走らせる。
ずっと後悔してきた気持を伝え、諒子への別れの言葉を書き綴った。
こうして出来上がった小説は、『婦人現代』復刊第1号に掲載された。
後日、『婦人現代』復刊第1号の出版パーティ一が開かれる。
カフェセラヴィの外では、復刊号を読んだ諒子がやってくるが、淳之介には会わずに、尚之と南に別れを告げ去っていった。
出版パーティ一が開かる中、カメラをぶら下げた男がやってくる。
その男の名前は林晃(高嶋政伸)で、あぐりとすれ違いざまにぶつかってしまう。
ここまでが、9月13日に放送された朝ドラ「あぐり」第138話のあらすじのネタバレです。

あぐり第139話のあらすじを知りたい方は、第139話『誹謗記事』へ読み進めてください。

朝ドラ「あぐり」第138話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「あぐり」第138話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

あぐり138話の感想

放送終了次第、すぐに感想をまとめますので、しばらくお待ちください!

以上が、朝ドラ「あぐり」第23週目第138話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。。