あぐり第140話のネタバレあらすじ!支店を出す話

こちらでは、朝ドラ「あぐり」24週目第140話のあらすじのネタバレや、あぐりと原作の比較、感想をまとめています。

あぐりの第139話「誹謗記事」では、晩年の工イスケの文学を誹謗する記事が掲載されるストーリーでした。

あぐりの第140話「支店を出す話」では、あぐりが支店を出す話を聞き、健太郎が手伝おうと張り切るストーリーとなっています。

朝ドラ『あぐり』
1997年9月16日(火)放送
第29週サブタイトル『最後の親孝行』

あぐりの最終回までのあらすじ≫

朝ドラの過去作品を視聴したい方は、「U-NEXT」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『あぐり』第140話のネタバレあらすじ

ここからは、9月16日に放送された朝ドラ「あぐり」第140話のあらすじをまとめたネタバレです。

あぐり140話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

全国に支店を出す話を聞き、東京であぐりを手伝おうとはりきる健太郎(里見浩太朗)。

上京した健太郎は、あぐりの家から寝巻き姿の男が現れてびっくり。

あぐりと酒を的み交わしながら、健太郎は「よう仕えてくれた」と改めてあぐりに礼を言う。

一方あぐりは理恵(前田未来)の友達の洋介(後藤拓也)から、父親の林(高嶋政伸)が風邪で寝ていると聞き看病に行くが、林の家が火事になり…

林の看病に訪れたあぐりは本棚にエイスケの著書がずらっと並ぶのを見つけ、林がエイスケの愛読者であったことを知る。

ここまでが、9月16日に放送された朝ドラ「あぐり」第140話のあらすじのネタバレです。

あぐり第141話のあらすじを知りたい方は、第141話『土地探し』へ読み進めてください。

朝ドラ「あぐり」第140話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「あぐり」第140話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

あぐり140話の感想

放送終了次第、すぐに感想をまとめますので、しばらくお待ちください!

以上が、朝ドラ「あぐり」第24週目第140話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。。