あぐり第142話のネタバレあらすじ!最後に書いた小説

こちらでは、朝ドラ「あぐり」24週目第142話のあらすじのネタバレや、あぐりと原作の比較、感想をまとめています。

あぐりの第141話「土地探し」では、健太郎に支店の土地探しをお願いするストーリーでした。

あぐりの第142話「最後に書いた小説」では、エイスケが最後に書いた小説を林が発見するストーリーとなっています。

朝ドラ『あぐり』
1997年9月18日(木)放送
第29週サブタイトル『最後の親孝行』

あぐりの最終回までのあらすじ≫

朝ドラの過去作品を視聴したい方は、「U-NEXT」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『あぐり』第142話のネタバレあらすじ

ここからは、9月18日に放送された朝ドラ「あぐり」第142話のあらすじをまとめたネタバレです。

望月あぐり(田中美里)から土地探しを頼まれた健太郎は、早速土地を探し始めた。
そして、昔の知り合いから格安の土地を紹介され、あぐりに知らせる。
気に入ったあぐりは、沢田にも報告し、立地もよく掘り出し物だと沢田はいう。
その夜、林晃(高嶋政伸)が本棚でエイスケの未発表の小説を見つける。
あぐりは、それは亡くなる2日前に書かれた小説で、エイスケの叫びだと話す。
その小説からエイスケの苦しみをしった林は誰も裏切っていなかったと誤解を解く。
次の日、沢田稔(中条きよし)があぐり美容院にやってきて、土地を売ろうとした業者にだまされていることを伝えに来た。
契約直前だったため難を逃れたが、だまされたと知った望月健太郎(里見浩太朗)は、カフェセラヴィへ行き、自分の老いを嘆く。

 

ここまでが、9月18日に放送された朝ドラ「あぐり」第142話のあらすじのネタバレです。

あぐり第143話のあらすじを知りたい方は、第143話『祭りの企画』へ読み進めてください。

朝ドラ「あぐり」第142話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「あぐり」第142話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

あぐり142話の感想

放送終了次第、すぐに感想をまとめますので、しばらくお待ちください!

以上が、朝ドラ「あぐり」第24週目第142話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。。