あぐり第143話のネタバレあらすじ!祭りの企画

こちらでは、朝ドラ「あぐり」24週目第143話のあらすじのネタバレや、あぐりと原作の比較、感想をまとめています。

あぐりの第142話「最後に書いた小説」では、エイスケが最後に書いた小説を林が発見するストーリーでした。

あぐりの第143話「祭りの企画」では、岡山に戻った健太郎が、勇造から祭りの企画を頼まれるストーリーとなっています。

朝ドラ『あぐり』
1997年9月19日(金)放送
第29週サブタイトル『最後の親孝行』

あぐりの最終回までのあらすじ≫

朝ドラの過去作品を視聴したい方は、「朝ドラ(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『あぐり』第143話のネタバレあらすじ

ここからは、9月19日に放送された朝ドラ「あぐり」第143話のあらすじをまとめたネタバレです。

望月健太郎(里見浩太朗)は、翌日あぐりに黙って岡山に帰った。
望月あぐり(田中美里)はどうして黙って帰ったんだろうと世津子に話すと、年寄りはやっかいな生き物なのと健太郎を擁護する。
その頃、岡山では東京での出来事を聞いた望月勇造(若林久弥)が、岡山市の祭りの企画を健太郎に依頼していた。
それから数日後、祭りの準備に忙しい健太郎は、光代の遺影に向かって独り語りかける。
健太郎は光代にあぐりの幸せを考え、望月の家から嫁に出してもいいかと尋ねた。
すると、望月光代(星由里子)は今まで自由にしてきたのだから好きにしたらと微笑んだ。
次の日、望月の家から嫁に出す話しを勇造にし、早速あぐりに電話をかける。
あぐりが電話に出て、そのことを伝えようとした矢先、健太郎は、狭心症の発作で倒れてしまった。

 

ここまでが、9月19日に放送された朝ドラ「あぐり」第143話のあらすじのネタバレです。

あぐり第144話のあらすじを知りたい方は、第144話『健太郎死す』へ読み進めてください。

朝ドラ「あぐり」第143話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「あぐり」第143話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

あぐり143話の感想

放送終了次第、すぐに感想をまとめますので、しばらくお待ちください!

以上が、朝ドラ「あぐり」第24週目第143話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。。