あぐり第144話のネタバレあらすじ!健太郎死す

こちらでは、朝ドラ「あぐり」24週目第144話のあらすじのネタバレや、あぐりと原作の比較、感想をまとめています。

あぐりの第143話「祭りの企画」では、岡山に戻った健太郎が、勇造から祭りの企画を頼まれるストーリーでした。

あぐりの第144話「健太郎死す」では、狭心症の発作で健太郎が亡くなるストーリーとなっています。

朝ドラ『あぐり』
1997年9月20日(土)放送
第24週サブタイトル『最後の親孝行』

あぐりの最終回までのあらすじ≫

朝ドラの過去作品を視聴したい方は、「朝ドラ(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『あぐり』第144話のネタバレあらすじ

ここからは、9月20日に放送された朝ドラ「あぐり」第144話のあらすじをまとめたネタバレです。

昭和23年の晩秋、狭心症の発作で倒れた望月健太郎(里見浩太朗)は、帰らぬ人となった。
健太郎の葬式に駆けつけた望月あぐり(田中美里)は、自分が嫁いできたころのことを詠んだという健太郎の俳句を渡される。
健太郎の大きな愛を知ったあぐりは、東京へ戻るとますます仕事に打ち込む。
数日後、林晃(高嶋政伸)が皆でハイキングに行こうと提案する。
しかし、望月和子(浜丘麻矢)はいかないといい、林に同居が世間の評判になっていることを話す。
そして、出て行って欲しいと訴えた。
その夜、林はカフェセラヴィで酒をあおり、世津子に彼女に迷惑はかけないといい店をでていく。
そして、泥酔して帰った林は、来週引っ越すとあぐりに告げるだった。

 

ここまでが、9月20日に放送された朝ドラ「あぐり」第144話のあらすじのネタバレです。

あぐり第145話のあらすじを知りたい方は、第145話『ナイフで刺される』へ読み進めてください。

朝ドラ「あぐり」第144話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「あぐり」第144話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

あぐり144話の感想

放送終了次第、すぐに感想をまとめますので、しばらくお待ちください!

以上が、朝ドラ「あぐり」第24週目第144話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。。